検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

統計的手法を利用した廃棄物の性状把握のための計画作成法の調査; データ品質目標プロセス

Survey on the planning process for waste characterization with statistical methods; Data quality objectives process

村上 昌史; 佐々木 紀樹 

Murakami, Masashi; Sasaki, Toshiki

日本原子力研究開発機構に保管されている多数の放射性廃棄物を処理処分していくためには、廃棄物の性状把握のために多くの分析データが必要となる。海外の原子力施設においては、費用対効果が大きい性状把握計画を作成する手段として、「データ品質目標(DQO)プロセス」を用いることが一般的になっている。DQOプロセスは、米国環境保護庁(EPA)において開発されてきた多段階の計画作成プロセスであり、環境データ収集を伴う様々なプロジェクトにおいて、科学的に厳密かつ費用対効果が大きいデータ収集計画作成のために利用可能であるとされているものである。バックエンド推進部では、今後の保管廃棄物の性状把握において、統計的手法を取り入れることにより必要な費用を削減することを検討しており、これに向けてDQOプロセスに関する文献調査を実施してきた。本調査は、EPAがこれまでに刊行したDQOプロセスに関する手引書を中心として行い、これに加えてEPAの品質体系や計画作成後の作業といった関連事項及び原子力施設における適用例についても実施した。本報告書では、これらの文献調査結果に基づき、DQOプロセスによる計画作成の具体的手順を説明し、DQOプロセスがなぜ開発されたか、どのような変遷を辿ってきたか、及びEPAにおいて現在どのように利用されているかといった背景情報について整理する。また、特に複雑な対象物についての適用例として、過去に生じた多種多様なレガシー廃棄物を有しており、大きな環境汚染問題を抱えている、米国のハンフォードサイトにおける事例についても説明する。本報告書は、統計的サンプリング法を利用する計画を作成する際に重要となる事項や考え方をまとめるだけでなく、複雑な対象物に対する適用事例についても紹介しており、従って様々な廃棄物に対する今後の性状把握計画の作成において参考になると考えられる。

A numerous analytical data will be required for the characterization of the radioactive waste stored in Japan Atomic Energy Agency toward their processing and disposal. A "Data Quality Objectives (DQO) Process" is widely applied as a tool for the development of a cost-effective characterization plan in the overseas nuclear sites. The DQO Process is a multi-step planning process developed by the United States Environmental Protection Agency (EPA), and can be used for the planning of a scientifically rigorous and cost-effective data collection program for the various projects involving the collection of the environmental data. We have considered to reduce the cost required for the future characterization of the stored waste by applying the statistical methods and have performed a literature survey on the DQO Process. The survey effort was focused on the guidance documents of the DQO Process published by the EPA and was also spent for the related matters such as a quality system of the EPA and the activities beyond the DQO Process as well as the examples of the application at the nuclear sites. In this report, the details on the planning procedure using the DQO Process are reviewed together with the background information such as why DQO Process was developed, what kind of transition was occurred, and how it is currently used in the EPA. The examples on the application for various objects at Hanford Site in the United States, where has the various legacy waste generated in the past activities and has the big environmental problems, are also reviewed. This report summarizes the important matters and methodology on the planning with the statistical sampling methods. It also provides the examples of the approaches for the complex objects, and will therefore be helpful in the future planning for the various kind of the waste characterization.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.