検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Clearance measurement for concrete waste generated by the decommissioning of uranium processing facilities

ウラン取扱施設の廃止措置で発生したコンクリート廃棄物のクリアランス測定

横山 薫; 大橋 裕介 

Yokoyama, Kaoru; Ohashi, Yusuke

原子力施設の廃止措置により発生するコンクリート廃棄物のウラン放射能の評価方法を検討した。Ac-228、Tl-208、K-40のピークはコンクリート廃棄物に由来するため、ウラン源から放出される1001keVのピークを区別することは困難である。そのため、コンクリートや環境からのガンマ線を補正する式を導き出し、ウランを定量した。コンクリート廃棄物の重量が約300kgの場合、ウランの重量が3g以上であれば、約30%の相対誤差で定量できる。測定試験は、均質な模擬コンクリート廃棄物を使用して実施した。ウラン処理施設のコンクリート表面はウラン汚染があり、コンクリート表面を削って発生した小さな塊をドラム缶に入れて測定するため、均質なコンクリートの試験は実際の廃棄物を反映していると考えられる。

Decommissioning is planned at nuclear facilities that have been discontinued. We examined the evaluation method of uranium radioactivity for concrete waste generated by the decommissioning of nuclear facilities. Since the peaks of Ac-228, Tl-208, and K- 40 are derived from concrete waste, it is difficult to distinguish the 1001 keV peak emitted from the uranium source. We have derived a formula to correct gamma rays from concrete and the environment, and the amount of uranium was quantified. When the weight of concrete waste is about 300 kg, if the weight of uranium is 3 g or more, it can be quantified within a relative error of about 30%. Measurement tests were performed using homogeneous simulated concrete waste. Since uranium contamination is on the concrete surface at the uranium processing facility and small chunks generated by scraping the concrete surface will be stored in a drum and measured, it seems that the test of homogeneous concrete reflects the actual waste.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.