検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Importance of deuteron breakup in the deuteron knockout reaction

重陽子ノックアウト反応における重陽子分解の重要性

茶園 亮樹*; 吉田 数貴   ; 緒方 一介*

Chazono, Yoshiki*; Yoshida, Kazuki; Ogata, Kazuyuki*

新奇なクラスター現象として、原子核表面での重陽子的なpnクラスターが興味を持たれている。これまでに良く知られたアルファクラスター現象は、アルファ粒子は強く束縛した一つの粒子として扱えるため、ノックアウト反応でその存在を確認することができる。一方で重陽子は弱束縛で脆いため、重陽子ノックアウト反応はアルファノックアウト反応と同様には扱えない。本研究では、陽子・中性子およびノックアウト反応の残留核の3体系を連続状態離散化チャネル結合法により記述し、終状態相互作用による重陽子の分解・再形成効果を取り入れた。その結果、重陽子の基底状態と分解状態間の干渉効果は大きく、分解効果を取り入れることはこの反応の記述に必須であることを示した。

As a new cluster phenomenon in nuclei, a deuteron like pn cluster is in our interest. The traditional alpha cluster state can be probed by the knockout reaction analysis assuming the alpha particle is inert because the alpha particle is tightly bound. On the other hand, since deuteron is fragile, deuteron cannot be treated as an inert particle in describing the reaction. In this work, we treated the breakup and reformation of the deuteron (p-n pair) by describing the p, n, and the reaction residue in the final channel as a three body scattering state using the continuum discretized coupled channels method. We showed that the interference between the deuteron ground state and the breakup states are strong and has to be included in the deuteron knockout reaction analysis.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:0.02

分野:Physics, Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.