検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Generation and application of femtosecond X-ray pulse

フェムト秒X線パルスの発生と応用

上坂 充*; 小瀧 秀行; 中島 一久; 原野 英樹*; 木下 健一*; 渡部 貴宏*; 上田 徹*; 吉井 康司*; 神門 正城; 出羽 英紀; 近藤 修司; 酒井 文雄*

Uesaka, Mitsuru*; Kotaki, Hideyuki; Nakajima, Kazuhisa; Harano, Hideki*; Kinoshita, Kenichi*; Watanabe, Takahiro*; Ueda, Toru*; Yoshii, Koji*; Kando, Masaki; Dewa, Hidenori; Kondo, Shuji; Sakai, Fumio*

直線加速器-レーザー同期システムを使った、フェムト秒X線パルスの発生と応用を行った。240フェムト秒17MeV電子パルスと100フェムト秒3TW Ti:Sapphireレーザーパルスとを、3.5psでの同期に成功した。この技術を使い、90°及び180°でのエレクトロン-レーザーでのトムソン散乱により、フェムト秒X線パルスの発生を行った。さらに、単結晶において、原子振動の動画像化のため、時間分解X線回折を行った。ここでは、10ピコ秒の電子ビームを100$$mu$$mの銅のワイヤーに照射して発生したピコ秒のX線を使用した。これにより、銅のK$$alpha$$線のX線回折パターンを得ることができた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:9.45

分野:Instruments & Instrumentation

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.