検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Safety activities in JAERI related to ITER

原研におけるITERにかかわる安全性研究開発

大平 茂; 多田 栄介; 羽田 一彦; 閨谷 譲; 丸尾 毅; 橋本 正義*; 荒木 隆夫*; 野元 一宏*; 鶴 大悟; 石田 敏勝*; 常松 俊秀

Ohira, Shigeru; Tada, Eisuke; Hada, Kazuhiko; Neyatani, Yuzuru; Maruo, Takeshi; Hashimoto, Masayoshi*; Araki, Takao*; Nomoto, Kazuhiro*; Tsuru, Daigo; Ishida, Toshikatsu*; Tsunematsu, Toshihide

原研で開始されている、ITERの安全設計検討、建設のための設計の具体化、設計基準の整備のための検討の現状及びITERの安全に関するR&Dについて概説する。ITERの安全設計と技術的に考慮すべき要件の検討の過程で考慮されるべき重要な要素として、固有の安全性及び高いレベルの受動的安全性があげられる。これらの安全上の特徴により、基本的に異常の事故への拡大は特別の対処なしに防止可能であり、気密性を持った一次閉じ込め系とこれを取り囲むコンファイメント施設とによりITERの安全確保が可能であることについて述べる。ITERに特徴的な機器の構造設計基準や日本への立地の際に必要とされる免震設計の基準確立のための委員会における検討状況や、原研において進められている、トリチウム閉じ込め、免震構造設計、ICE/LOVA事象等にかかわるITERの安全性に関するR&Dについても報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:69.9

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.