検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Alf$'e$n eigenmodes driven by Alf$'e$nic beam ions in JT-60U

JT-60Uにおける高エネルギーイオンによるアルヴェン固有モード

篠原 孝司; 草間 義紀; 武智 学; 森岡 篤彦; 石川 正男*; 大山 直幸; 飛田 健次; 小関 隆久; 竹治 智; 森山 伸一; 藤田 隆明; 及川 聡洋; 鈴木 隆博; 西谷 健夫; 近藤 貴; Lee, S.; 栗山 正明; JT-60チーム; Kramer, G. J.*; Gorelenkov, N. N.*; Nazikian, R. M.*; Cheng, C. Z.*; Fu, G. Y.*; 福山 淳*

Shinohara, Koji; Kusama, Yoshinori; Takechi, Manabu; Morioka, Atsuhiko; Ishikawa, Masao*; Oyama, Naoyuki; Tobita, Kenji; Ozeki, Takahisa; Takeji, Satoru; Moriyama, Shinichi; Fujita, Takaaki; Oikawa, Toshihiro; Suzuki, Takahiro; Nishitani, Takeo; Kondoh, Takashi; Lee, S.; Kuriyama, Masaaki; JT-60 Team; Kramer, G. J.*; Gorelenkov, N. N.*; Nazikian, R. M.*; Cheng, C. Z.*; Fu, G. Y.*; Fukuyama, Atsushi*

核燃料プラズマでは、$$alpha$$粒子圧力が高くなると、アルヴェン固有モード(AE)周波数領域の不安定性により$$alpha$$粒子の閉じ込めが劣化することが危惧されている。これまでの実験ではAE周波数領域の周波数掃引不安定性が発生すると高エネルギーイオンの輸送が増大する場合があり、また、周波数掃引不安定性の発生領域とその特性の理解はトカマク研究の重要課題の一つである。最近のJT-60Uの実験において、負イオン源中性粒子ビーム(N-NB)入射により高エネルギーイオンを生成して、周波数掃引不安定性の研究を行い、ITERで予測される$$alpha$$粒子の存在条件と同様の条件のN-NBイオンによって、周波数掃引不安定性が不安定かされることを明らかにした。また、速い周波数掃引を伴う不安定性による高エネルギーイオンの損失が、平衡の違いに起因するエネルギー依存性を持っていることを明らかにした。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:9.36

分野:Physics, Fluids & Plasmas

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.