検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Measurement of spectrum for thermal neutrons produced from H$$_{2}$$O moderator coupled with mercury target

水銀ターゲットと結合したH$$_{2}$$O減速材から生じる熱中性子スペクトルの測定

明午 伸一郎  ; 前川 藤夫 ; 春日井 好己 ; 中島 宏; 池田 裕二郎; 渡辺 昇; 猪野 隆*; 佐藤 節夫*; ASTE Collaboration

Meigo, Shinichiro; Maekawa, Fujio; Kasugai, Yoshimi; Nakashima, Hiroshi; Ikeda, Yujiro; Watanabe, Noboru; Ino, Takashi*; Sato, Setsuo*; ASTE Collaboration

AGSを用いた国際共同実験として、鉛反射体付き水銀ターゲットシステムに水減速材を組み込み、水減速材から生じる中性子のスペクトルをカレントTOF法を用いて測定した。水銀ターゲットに1.9,12及び24GeV陽子を入射し、水減速材から漏洩する熱中性子のスペクトルを$$^{6}$$Li,$$^{7}$$Liガラスシンチレータを用いて測定した。ターゲットと減速材の位置に対する中性子束の変化に着目し、ターゲットを入射陽子軸方向に移動させて測定した。投入電力あたりの測定の積分強度は、入射エネルギーが高くなるとわずかに減少することが観測された。また、減速材の位置を$$pm$$15cmの範囲で変更しても、中性子強度は10%程度の範囲で大きな変化がないことがわかった。これは、実際のターゲットと減速材設計において減速材位置の自由度があることを示す。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.