検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

希土類イオンの高精密相互分離法

小林 徹; 塩飽 秀啓; 鈴木 伸一; 矢板 毅

成田 弘一*

【課題】原子番号が近接した希土類イオンの相互分離に関し、従来法である沈殿分離法や溶媒抽出法と比較して、著しく分離性能を向上させることができる新規な希土類イオン分離試薬及びこれを用いる希土類イオンの分離回収方法の提供。 【解決手段】2種類以上の希土類イオンが溶解した溶液に、アミド基と複素環窒素の両者を有する多座配位子化合物を加えることで、特定のイオンサイズを境にそれより原子番号の小さい元素と大きい元素とで異なる2種の希土類錯体を形成させ、そこに酸素原子又は窒素原子を配位原子とする単座配位子化合物を加えることで2種の希土類錯体のうち一方のみ分離回収する。