検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

温度測定装置、温度測定方法

瀬川 麻里子; 甲斐 哲也; 藤 暢輔; 前田 亮

not registered

【課題】試料における中性子共鳴吸収を利用して試料の温度を非接触かつ高精度で測定する。 【解決手段】この温度測定装置1においては、白色スペクトル、パルス状の中性子線N0を発する中性子源100が用いられ、中性子線N0は、温度が測定される対象となる試料S0に照射される。試料S0を透過後の中性子線N1は、材料構成が既知であるインディケータS1に照射される。γ線検出器20によってインディケータS1から中性子線N1の照射に伴って発せられるγ線が検出される。γ線検出器20によって測定された飛行時間スペクトルには温度依存性が存在し、これを解析することによって、試料S0の温度を算出することができる。