検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 3 件中 1件目~3件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

The First gamma-ray spectroscopic study of $$sd$$-shell hypernucleus, $$^{19}_{Lambda}$$F

Yang, S. B.*; 江川 弘行; 長谷川 勝一; 早川 修平; 細見 健二; Hwang, S.; 市川 裕大; 今井 憲一; 佐甲 博之; 佐藤 進; et al.

JPS Conference Proceedings (Internet), 17, p.012004_1 - 012004_4, 2017/07

The first $$gamma$$-ray spectroscopy of $$sd$$-shell hypernucleus, $$^{19}_{Lambda}$$F, is performed in June, 2015 at the J-PARC K1.8 beam line (J-PARC E13). Precise energy levels of $$^{19}_{Lambda}$$F can be revealed by measured $$gamma$$ rays in this experiment. Especially, the strength of $$Lambda N$$ spin-spin interaction in $$sd$$-shell hypernucleus is obtained through the energy spacing of the ground-state doublet of the hypernucleus. By comparing its strength between the $$s$$, $$p$$, and $$sd$$-shell hypernuclei, a radial dependence $$Lambda N$$ interaction is investigated. The hypernucleus is produced through the $$(K^-,pi^-)$$ reaction with the beam momentum of 1.8 GeV/c. In very preliminary results, we observed two $$gamma$$ rays, and their energies are $$315.8 pm 0.4$$ keV and $$ 895.3 pm 0.3$$ keV where the uncertainties are only statistical.

論文

J-PARC E27 experiment to search for a $$K^{-}pp$$ bound state

市川 裕大; 江川 弘行; 長谷川 勝一; 早川 修平; 細見 健二; 今井 憲一; 佐甲 博之; 佐藤 進; 杉村 仁志; 谷田 聖; et al.

JPS Conference Proceedings (Internet), 8, p.021020_1 - 021020_7, 2015/09

$$d(pi^{+},K^{+})$$反応を用いて最も単純なK中間子原子核$$K^{-}pp$$を探索する実験を行った。そして、世界で初めて本反応において$$Lambda$$粒子の生成領域から$$Lambda$$(1405)/$$Sigma$$(1385)粒子の生成領域までと広い質量領域での二重微分断面積を測定した。$$Lambda$$$$Sigma$$粒子の生成領域においては2.13GeV/$$c^{2}$$付近に観測した$$Sigma N$$カスプ起因のピーク以外おおむね準自由過程をもとにしたシミュレーションと実験結果が一致することを確認した。一方で、$$Y^{*}$$の生成領域ではシミュレーションと比べて実験データのピーク位置が-24MeV/$$c^{2}$$ずれていることを観測した。

論文

Study of neutron-rich hypernuclei by the ($$pi^-,K^+$$) reaction at J-PARC

杉村 仁志; 今井 憲一; 他34名*

Few-Body Systems, 54(7-10), p.1235 - 1238, 2013/08

 パーセンタイル:100(Physics, Multidisciplinary)

中性子過剰ハイパー核の研究はヨーロッパと日本を中心に行われている。その中で、今回J-PARCにおいて中性子過剰ハイパー核の一つである$$^6_Lambda$$Hを生成する実験を試みた。$$^6_Lambda$$Hは中性子4個, 陽子1個, ラムダ粒子1個からなるハイパー核で非常に陽子中性子比が大きいため、中性子過剰な中性子星の研究において大変重要な役割を果たす。そのハイパー核をJ-PARCにおいて生成し、生成断面積の上限値を与えた。

3 件中 1件目~3件目を表示
  • 1