検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 3 件中 1件目~3件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Radiative transitions of doubly charmed baryons in lattice QCD

Bartiyar, H.*; Can, K. U.*; Erkol, G.*; 岡 眞; 高橋 徹*

Physical Review D, 98(11), p.114505_1 - 114505_14, 2018/12

 パーセンタイル:100(Astronomy & Astrophysics)

スピン3/2の2重チャームバリオンからスピン1/2の基底状態への光遷移振幅を格子QCDによる第一原理計算を用いて求めた。

論文

$$Xi_c gamma rightarrowXi^prime_c$$ transition in lattice QCD

Bahtlyar, H.*; Can, K. U.*; Erkol, G.*; 岡 眞; 高橋 徹*

Physics Letters B, 772, p.121 - 126, 2017/09

 被引用回数:8 パーセンタイル:10.08(Astronomy & Astrophysics)

$$Xi_c gamma rightarrowXi_c^prime$$電磁遷移の形状因子を格子QCDを用いて計算した。

論文

Look inside charmed-strange baryons from lattice QCD

Can, K. U.*; Erkol, G.*; 岡 眞; 高橋 徹*

Physical Review D, 92(11), p.114515_1 - 114515_14, 2015/12

 被引用回数:18 パーセンタイル:21.36(Astronomy & Astrophysics)

スピン3/2の$$Omega$$バリオン($$Omega$$, $$Omega^*_c$$, $$Omega^*_{cc}$$, $$Omega_{ccc}$$)の電磁形状因子を、パイオン質量が156(9)MeVの323$$times$$64 PACS-CSによる格子QCDを用いて計算した。E0およびM1形状因子から電荷半径と磁気モーメントを計算した。電気四十極モーメントも得た。それぞれのクォークからの寄与を分けて計算し、その和で全バリオンの値を得た。電荷半径と磁気モーメントでは、チャームクォークの寄与がストレンジクォークと比較して系統的に小さいことが明らかになった。$$Omega^*_cc$$$$Omega_{ccc}$$のE2モーメントから、状態がパンケーキ型に変形していることが明らかになった。スピン1/2の$$Omega_c$$$$Omega_{cc}$$の計算も合わせて、チャームハドロン中での重いクォークのダイナミクスに関する重要な知見が得られた。

3 件中 1件目~3件目を表示
  • 1