検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Charmed baryon spectrum from lattice QCD near the physical point

物理点に近い格子QCDによるチャームバリオンの分光

Bahtiyar, H.*; Can, K. U.*; Erkol, G.*; Gubler, P. ; 岡 眞  ; 高橋 徹*

Bahtiyar, H.*; Can, K. U.*; Erkol, G.*; Gubler, P.; Oka, Makoto; Takahashi, Toru*

格子QCDによる第一原理計算を用いて、正負パリティのチャームバリオンの基底および励起状態のスペクトルを求めた。チャームクォークを1個, 2個あるいは3個含むバリオンの正および負パリティ状態の質量を、第一原理計算から求めることで、これまでの実験データや模型計算結果との比較を行い、その物理的な意味を解析することが可能となる。今回の計算では、パイオンの質量が観測値に十分近い物理点に近い領域で、2+1フレーバーのゲージ配位を用いた解析を行った。ディラック行列などの配置の異なる複数の演算子を用意し、その交差相関関数を計算し、固有値を求める方法により、基底状態と励起状態のスペクトルを計算した。

Spectrum of the ground state and excited states of charmed baryons was evaluated in the lattice QCD, the first principle of hadronic interaction. We deliver the spectrum of the positive and negative parity baryons with one, two or three charmed quarks. A variational approach was employed by the use of multiple operators with different Dirac matrix configurations and the smearings.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.