検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 39 件中 1件目~20件目を表示

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Charmed baryon spectrum from lattice QCD near the physical point

Bahtiyar, H.*; Can, K. U.*; Erkol, G.*; Gubler, P.; 岡 眞; 高橋 徹*

Physical Review D, 102(5), p.054513_1 - 054513_18, 2020/09

格子QCDによる第一原理計算を用いて、正負パリティのチャームバリオンの基底および励起状態のスペクトルを求めた。チャームクォークを1個, 2個あるいは3個含むバリオンの正および負パリティ状態の質量を、第一原理計算から求めることで、これまでの実験データや模型計算結果との比較を行い、その物理的な意味を解析することが可能となる。今回の計算では、パイオンの質量が観測値に十分近い物理点に近い領域で、2+1フレーバーのゲージ配位を用いた解析を行った。ディラック行列などの配置の異なる複数の演算子を用意し、その交差相関関数を計算し、固有値を求める方法により、基底状態と励起状態のスペクトルを計算した。

論文

Signatures of the vortical quark-gluon plasma in hadron yields

田屋 英俊*; Park, A.*; Cho, S.*; Gubler, P.; 服部 恒一*; Hong, J.*; Huang, X.-G.*; Lee, S. H.*; 門内 明彦*; 大西 明*; et al.

Physical Review C, 102(2), p.021901_1 - 021901_6, 2020/08

 被引用回数:0 パーセンタイル:100(Physics, Nuclear)

We investigate the hadron production from the vortical quark-gluon plasma created in heavy-ion collisions. Based on the quark-coalescence and statistical hadronization models, we show that total hadron yields summed over the spin components are enhanced by the local vorticity with quadratic dependence. The enhancement factor amounts to be a few percent and may be detectable within current experimental sensitivities. We also show that the effect is stronger for hadrons with larger spin, and thus propose a new signature of the local vorticity, which may be detected by the yield ratio of distinct hadron species having different spins such as $$phi$$ and $$eta'$$. The vorticity dependence of hadron yields seems robust, with consistent predictions in both of the hadron production mechanisms for reasonable values of the vorticity strength estimated for heavy-ion collisions.

論文

Simulating pA reactions to study the $$phi$$ meson in nuclear matter at J-PARC

Gubler, P.

AIP Conference Proceedings 2249, p.030002_1 - 030002_7, 2020/07

最近の研究成果に基づき、$$phi$$メソンを原子核中に生成するためのpA反応(p:陽子、A:原子核)の数値的シミュレーションに関する発表を行う。特に、実験的に観測されるdi-lepton spectrumの形を詳細に説明し、$$phi$$メソンはどのようなスペクトル関数を持っていれば、実験結果を再現できるかについて議論する。

論文

$$D$$ meson mass and heavy quark potential at finite temperature

Gubler, P.; Song, T.*; Lee, S. H.*

Physical Review D, 101(11), p.114029_1 - 114029_10, 2020/06

 被引用回数:0 パーセンタイル:100(Astronomy & Astrophysics)

Based on the observation that the heavy quark-antiquark potential value at infinity corresponds to twice the $$D$$ meson mass, we constrain the asymptotic value of the heavy quark potential in a hot medium through a QCD sum rule calculation of the $$D$$ meson at finite temperature. We find that to correctly reproduce the QCD sum rule results as well as a recent model calculation for the $$D$$ meson mass near the critical temperature, the heavy quark potential should be composed mostly of the free energy with an addition of a small but non-trivial fraction of the internal energy. Combined with a previous study comparing potential model results for the J/$$psi$$ to a QCD sum rule calculation, we conclude that the composition of the effective heavy quark potential should depend on the inter-quark distance. Namely, the potential is dominated by the free energy at short distance, while at larger separation, it has a fraction of about 20% of internal energy.

論文

The $$phi$$ meson with finite momentum in a dense medium

Kim, H.-J.*; Gubler, P.

Physics Letters B, 805, p.135412_1 - 135412_8, 2020/06

 被引用回数:0 パーセンタイル:100(Astronomy & Astrophysics)

QCD和則を利用し、核物質における$$phi$$メソンの分散関係を調べる。敗れたLorentz対称性により、有限密度中ではベクター粒子のlongitudinal及びtransverseモードが異なる振る舞いを示しえる。次元6までの可能な演算子及びそのWilson係数をすべて用い、様々な密度及び運動量における$$phi$$メソンの分散関係を解析する。その結果、longitudinal及びtransverseモードが逆の振る舞いを示すことが分かった。実際、運動量1GeVでは、longitudinalモードでは質量が5MeVほど下り、transverseモードでは7MeVほど上がることが分かった。longitudinal及びtransverseモードを区別しない実験では、この現象が二つの分離されたピークとして観測される可能性がある。

論文

Exact vector channel sum rules at finite temperature

Gubler, P.; 佐藤 大輔*

JPS Conference Proceedings (Internet), 26, p.024023_1 - 024023_5, 2019/11

本講演では最近の発表論文に基づき、vectorチャンネル(光子と同じ量子数を持つ状態)のスペクトル関数に関して導出したいくつかの厳密な和則を紹介する。摂動計算ではこの和則が成り立つことや、格子QCDへの応用についても議論する。

論文

Spectrum of the charmed baryons in 2+1-flavor lattice QCD

Can, K. U.*; Bahtiyar, H.*; Erkol, G.*; Gubler, P.; 岡 眞; 高橋 徹*

JPS Conference Proceedings (Internet), 26, p.022028_1 - 022028_5, 2019/11

格子QCDによる第一原理計算を用いて、チャームバリオンの基底および励起状態のスペクトルを求めた。

論文

Compact $$ssscbar c$$ pentaquark states predicted by a quark model

Meng, Q.*; 肥山 詠美子*; Can, K. U.*; Gubler, P.; 岡 眞; 保坂 淳; Zong, H.*

Physics Letters B, 798, p.135028_1 - 135028_8, 2019/11

 被引用回数:0

Several compact $$ssscbar c$$ pentaquark resonances are predicted in a potential quark model. The Hamiltonian is the best available one, which reproduces the masses of the low-lying charmed and strange hadrons well. Full five-body calculations are carried out by the use of the Gaussian expansion method, and the relevant baryon-meson thresholds are taken into account explicitly. Employing the real scaling method, we predict four sharp resonances, $$J^P=1/2^-$$ ($$E$$ = 5180 MeV, $$Gamma$$ = 20 MeV) and others. These are the candidates of compact pentaquark resonance states from the current best quark model, which should be confirmed either by experiments or lattice QCD calculations.

論文

Compact $$ssscbar{c}$$ pentaquark states predicted by a quark model

Meng, Q.*; 肥山 詠美子; Can, K. U.*; Gubler, P.; 岡 眞; 保坂 淳; Zong, H.*

Physics Letters B, 798, p.135028_1 - 135028_8, 2019/11

 被引用回数:2 パーセンタイル:35.18(Astronomy & Astrophysics)

Several compact $$ssscbar{c}$$ pentaquark resonances are predicted in a potential quark model. The Hamiltonian is the best available one, which reproduces the masses of the low-lying charmed and strange hadrons well. Full five-body calculations are carried out by the use of the Gaussian expansion method, and the relevant baryon-meson thresholds are taken into account explicitly. Employing the real scaling method, we predict four sharp resonances. These are the candidates of compact pentaquark resonance states from the current best quark model, which should be confirmed either by experiments or lattice QCD calculations.

論文

Towards understanding the $$phi$$ meson in nuclear matter with finite momentum

Gubler, P.

Proceedings of Science (Internet), 336, 7 Pages, 2019/09

本講演では最近の発表論文に基づき、核物質における有限運動量を持つ$$phi$$メソンの振る舞いについての進捗状況について報告する。J-PARCのE16実験などとの関連についても議論する。

論文

Mesons with charm and strangeness in nuclear matter

Gubler, P.

AIP Conference Proceedings 2130, p.040015_1 - 040015_8, 2019/07

 被引用回数:0 パーセンタイル:100

本講演では最近の発表論文に基づき、核物質におけるチャームクォークやストレンジクォークを含むメソンの振る舞いについての最近の進捗状況について報告する。J-PARCのE16実験などとの関連についても議論する。

論文

Recent progress in QCD condensate evaluations and sum rules

Gubler, P.; 佐藤 大輔*

Progress in Particle and Nuclear Physics, 106, p.1 - 67, 2019/05

 被引用回数:14 パーセンタイル:5.23(Physics, Nuclear)

QCD和則及び高温・高密度におけるハドロンの研究の最近の進展をレビューする。特に、格子QCD・カイラル摂動論・実験的測定などにより近年大きく進展したQCD凝縮について詳しく議論する。さらに、QCD和則の新しい解析手法も紹介し、古典的な方法と比較する。また、高温・高密度におけるハドロンの性質変化の研究や最近導出された有限温度に応用可能の厳密な和則についてもレビューする。

論文

Numerical analytic continuation of Euclidean data

Tripolt, R.-A.*; Gubler, P.; Ulybyshev, M.*; von Smekal, L.*

Computer Physics Communications, 237, p.129 - 142, 2019/04

 被引用回数:15 パーセンタイル:1.57(Computer Science, Interdisciplinary Applications)

本論文ではユークリッド的データを数値的解析接続する三つの手法を比較する。最大エントロピー法, バックス・ギルベルト法、及びシュレッシンガー点法。ベンチマーク・テストを行うことで、どの手法がどのような場合に応用可能かを検討する。最後には現実的な応用例もいくつかを紹介する。

論文

Charmonium ground and excited states at finite temperature from complex Borel sum rules

荒木 賢志*; 鈴木 渓*; Gubler, P.; 岡 眞

Physics Letters B, 780, p.48 - 53, 2018/05

 被引用回数:3 パーセンタイル:45.62(Astronomy & Astrophysics)

本論文ではcクォークとc反クォークからなるチャーモニウムの基底状態と励起状態の有限温度における振る舞いを調べる。そのためには以前我々の研究グループによって開発された複素Borel和則を最大エントロピーと組み合わせた解析を行う。その結果、チャーモニウムの基底状態と励起状態の融解温度の算出に成功した。QCDによるチャーモニウムの励起状態の算出はこの論文では初めて成功した結果である。

論文

Finite temperature sum rules in the vector channel at finite momentum

Gubler, P.; 佐藤 大輔*

Physical Review D, 96(11), p.114028_1 - 114028_20, 2017/12

 被引用回数:4 パーセンタイル:61.94(Astronomy & Astrophysics)

本論文ではベクター・チャンネルのlongitudinalとtransverse成分に関する厳密な和則を初めて導出する。和則は真空成分を差し引かれた有限温度のスペクトル関数について導出され、以前調べたゼロ運動量の場合の一般化である。論文の後半では導出した和則はいかにして格子QCDデータを使ったスペクトル関数の特定に用いることができるかを示す。

論文

Flavor structure of $$Lambda$$ baryons from lattice QCD; From strange to charm quarks

Gubler, P.*; 高橋 徹*; 岡 眞

Physical Review D, 94(11), p.114518_1 - 114518_16, 2016/12

 被引用回数:1 パーセンタイル:89.06(Astronomy & Astrophysics)

$$Lambda$$ baryons of spin-parity $$1/2^+$$ or $$^-$$ with either a strange or charm valence quark are studied in full 2+1 flavor lattice QCD. Multiple SU(3) singlet and octet operators are employed to generate the desired single baryon states on the lattice. Via the variational method, the couplings of these states to the different operators provide information about the flavor structure of the Lambda baryons. We make use of the gauge configurations of the PACS-CS collaboration and chirally extrapolate the results for the masses and SU(3) flavor components to the physical point. We furthermore gradually change the hopping parameter of the heaviest quark from strange to charm to study how the properties of the $$Lambda$$ baryons evolve as a function of the heavy quark mass. It is found that the baryon energy levels increase almost linearly with the quark mass. Meanwhile, the flavor structure of most of the states remains stable, with the exception of the lowest $$1/2^-$$ state, which changes from a flavor singlet $$Lambda$$ to a $$Lambda_c$$ state with singlet and octet components of comparable size. Finally, we discuss whether our findings can be interpreted with the help of a simple quark model and find that the negative parity $$Lambda_c$$ states can be naturally explained as diquark excitations of the light u and d quarks.

論文

$$D$$ mesons in a magnetic field

Gubler, P.*; 服部 恆一*; Lee, S. H.*; 岡 眞; 尾崎 翔*; 鈴木 渓*

Physical Review D, 93(5), p.054026_1 - 054026_21, 2016/03

 被引用回数:32 パーセンタイル:9.89(Astronomy & Astrophysics)

高エネルギー重イオン衝突実験などで強い磁場ができた時に、その中に作られたチャームを含む中間子$$D$$がどのようなスペクトルを示すかを、QCD和則の方法を用いて計算し、その成果をまとめた。擬スカラー$$D$$中間子にベクトルD中間子が混合する効果および、電荷を持った$$D$$中間子が磁場中でランダウ準位構造を示す効果を詳細に解析し、$$D$$中間子の質量変化として現れることを示した。

口頭

The $$phi$$ meson in nuclear matter; Recent results

Gubler, P.

no journal, , 

本講演では最近の発表論文に基づき、核物質における$$phi$$メソンの振る舞いについての最近の研究の進捗状況について報告する。J-PARCのE16実験との関連についても議論する。

口頭

Towards understanding the in-medium phi meson at finite momentum

Gubler, P.; Kim, H. J.*; Lee, S. H.*

no journal, , 

有限運動量を持つ核物質中のphiメソンの振る舞いについての最近の研究の進捗状況について報告する。J-PARCのE16実験との関連についても議論する。

口頭

Mesons with charm and strangeness in nuclear matter

Gubler, P.

no journal, , 

本講演では最近の発表論文に基づき、核物質におけるチャームクォークやストレンジクォークを含むメソンの振る舞いについての最近の進捗状況について報告する。J-PARCのE16実験などとの関連についても議論する。

39 件中 1件目~20件目を表示