検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 3 件中 1件目~3件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Measurement of thermal neutron capture cross section of $$^{71}$$Ga with dual monitor foils and covariance analysis

Panikkath, P.*; 大塚 直彦*; 岩元 洋介; Mohanakrishnan, P.*

European Physical Journal A, 55(6), p.91_1 - 91_9, 2019/06

 被引用回数:1 パーセンタイル:100(Physics, Nuclear)

ENDF/B-VIIIなど多くの評価済データライブラリで$$^{71}$$Gaの熱中性子捕獲断面積を4.7b前後と評価している一方、JENDL-4.0では約20%低い値の3.71bと評価している。これらの断面積データの多くは、絶対値を決定するモニター箔を用いた放射化測定で得られたものであるが、古い年代のものが多く、結果は採用されるモニター箔に依存している可能性がある。そこで、$$^{71}$$Gaの熱中性子捕獲断面積を複数のモニター箔を用いて再測定した。本実験では、コンクリートで減速したAm-Be線源からの中性子を、$$^{71}$$Ga箔と$$^{197}$$Au及び$$^{55}$$Mnのモニター箔を組み合わせた試料に照射し、放射化した箔から放出される$$gamma$$線をゲルマニウム検出器で測定した。ここで、試料中の中性子の自己遮蔽効果を粒子・重イオン輸送計算コードPHITSを用いて計算したところ、0.1%以下と寄与が小さいことが分かった。この結果も参照して、AuとMnの測定結果から共分散行列の非対角化成分を導出し、これを用いて$$^{71}$$Gaの熱中性子断面積の重みつき平均とその不確かさを導出した。その結果、$$^{71}$$Gaの熱中性子断面積として4.05$$pm$$0.27bとなり、JENDL-4.0の値3.71bに近い値を得た。

論文

Battery-free, skin-interfaced microfluidic/electronic systems for simultaneous electrochemical, colorimetric, and volumetric analysis of sweat

Bandodkar, A. J.*; Gutruf, P.*; Choi, J.*; Lee, K.-H.*; 関根 由莉奈; Reeder, J. T.*; Jeang, W. J.*; Aranyosi, A. J.*; Lee, S. P.*; Model, J. B.*; et al.

Science Advances (Internet), 5(1), p.eaav3294_1 - eaav3294_15, 2019/01

 被引用回数:56 パーセンタイル:0.14(Multidisciplinary Sciences)

非侵襲でバイオマーカーを検出し得るウェアラブルデバイスが注目されている。しかしながら現在までに存在するウェアラブルデバイスはその電力源や検出部分などの小型化が困難であったことから重さや大きさの点でポータビリティに欠けていた。本研究では、バッテリーフリーでかつ電気的、呈色式を用いて重要バイオマーカーである塩化物, 乳酸, グルコース, pHを検出できるスウェットデバイスを開発した。

論文

The Temperature evolution of the magnetic correlations in pure and diluted spin ice Ho$$_{2-x}$$Y$$_{x}$$Ti$$_{2}$$O$$_{7}$$

Chang, L.-J.; Su, Y.*; Kao, Y.-J.*; Chou, Y. Z.*; 加倉井 和久; Mittal, R.*; Schneider, H.*; Br$"u$ckel, T.*; Balakrishnan, G.*; Lees, M. R.*

Physica B; Condensed Matter, 406(12), p.2393 - 2396, 2011/06

 被引用回数:1 パーセンタイル:93.36(Physics, Condensed Matter)

Diffuse polarized neutron scattering studies have been carried out on single crystals of pyrochlore spin ice Ho$$_{2-x}$$Y$$_{x}$$Ti$$_{2}$$O$$_{7}$$ (x = 0, 0.3, and 1) to investigate the effects of doping and anisotropy on spin correlations in the system. For all the samples studied the spin flip (SF) diffuse scattering (i.e. the in-plane component) reveals that the spin correlations can be described using a nearest-neighbour spin ice model (NNSM) at higher temperatures ($$T$$ = 3.6 K) and a dipolar spin ice model (DSM) as the temperature is reduced ($$T$$ = 30 mK). In this paper, we focus on the experimental results of the highly doped spin ice HoYTi$$_{2}$$O$$_{7}$$ and compare our results with pure spin ice Ho$$_{2}$$Ti$$_{2}$$O$$_{7}$$.

3 件中 1件目~3件目を表示
  • 1