検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 3 件中 1件目~3件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

$$eta$$ pairing and superconductivity in the negative-U Hubbard model

別役 広

Physical Review B, 44(2), p.871 - 874, 1991/07

 被引用回数:4 パーセンタイル:34.78(Materials Science, Multidisciplinary)

電子が同一サイト上に来る時に引力が働くハバード模型では、$$eta$$対を形成することにより、基底状態は一重項になり、エネルギーにギャプが生じていることを明らかにした。この基底状態では、U(1)対称性が自発的に破れていて、これに伴う新しいボース粒子「$$eta$$粒子」が創られている。$$eta$$粒子のボース凝縮により形成される凝縮体は、超伝導の特徴である非対角長距離秩序(Off-Diagonal Long-Range Oder; ODLRO)を示す。この新しい機構に依る超伝導は次の様な特徴を有する。(1)超伝導を起こす対要素の大きさは0である。これに対して$$eta$$粒子自身は全空間に広がっている。(2)温度が上がると、熱的騒乱により基底凝縮体の位相に乱れが生じ、超伝導が消失する。(3)BCS的方程式から決まるギャプと転移温度の関係は$$Delta$$=4.0$$kappa$$$$_{B}$$T$$_{c}$$である。(4)ギャプは電子-ホール対称性を有する。転移温度は、ホール濃度の小さい領域ではホール濃度に比例している。(5)$$eta$$粒子の熱的遙動により、常伝導状態の性質に異常が生じる。

論文

Crossover effects in a spin-1/2 antiferromagnetic Heisenberg-Ising ring

別役 広

Physical Review B, 36(10), p.5613 - 5616, 1987/10

 被引用回数:2 パーセンタイル:19(Materials Science, Multidisciplinary)

射影演算子法を用いて1次元スピン-1/2反強磁性物ハイゼンベルグ系の基底エネルギーと、いくつかの励起エネルギーを異方性パラメータの関数として計算した。

報告書

ベクトル・パラレル計算処理の原子力コードへの適応性

浅井 清; 横川 三津夫; 茅野 政道; 石川 裕彦; 鈴木 友雄; 樋口 健二; 秋本 肇; 村尾 良夫; 原田 裕夫; 石黒 美佐子; et al.

JAERI-M 87-136, 107 Pages, 1987/09

JAERI-M-87-136.pdf:2.79MB

本報告は、ベクトル・パラレル併用型計算機の原子力計算への適応性について考察したものである。

3 件中 1件目~3件目を表示
  • 1