検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 6 件中 1件目~6件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Progress of demonstration experiment on irradiation of vibro-packed MOX fuel assemblies in the BN-600 reactor

Mayorshin, A. A.*; Skiba, O. V.*; Bychkov, A. V.*; Kisly, V. A.*; Shishalov, O. V.*; Krukov, F. N.*; Novoselov, A. E.*; Markov, D. V.*; Green, P. I.*; 舟田 敏雄; et al.

Proceedings of International Conference on Fast Reactors and Related Fuel Cycles (FR 2009) (CD-ROM), 11 Pages, 2012/00

本論文は、高速炉BN-600におけるバイパックMOX燃料ピンと21体集合体の製造,照射及びPIEを含む実証試験結果について述べる。これらの試験では、安全性に関する違反事項は生じなかった。実証試験は、ロシアの研究所RIAR, OKBM, BNPPと日本の文部科学省, 原子力機構及びペスコの国際協力で実施された。試験の目的は、兵器級プルトニウムの処分にバイパックMOX燃料の適用性を実証することである。

論文

ロシア余剰核兵器解体プルトニウム処分の現状と日本の協力; バイパックMOX燃料協力の10年を振り返って

舟田 敏雄; 川太 徳夫; 千崎 雅生

日本原子力学会誌, 50(11), p.711 - 715, 2008/11

米露「余剰核兵器解体プルトニウム処分協定」が2000年9月に合意されてから約8年が経過し、ロシアの処分シナリオは、2007年11月の米露共同声明で、従来の軽水炉(VVER-1000)による処分から、原子力機構がロシアと共同研究を進めてきたバイパック燃料高速炉オプション(運転中のBN-600と建設中のBN-800を用いる処分)へと大きく方向を転換した。一方、米国では軽水炉を用いる処分を堅持し、2007年8月、仏アレバの技術を導入してウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料製造施設の建設を開始するなど、ようやく実施への動きが見えてきた。本稿では、米露協議を巡る状況の変化と協議経過を辿るとともに、1999年以来、原子力機構がロシアの研究所と進めてきたバイパックMOX燃料を用いた処分協力の10年を振り返って、高速炉オプションの選択への過程と今後のロシア解体プルトニウム処分協力の行方について述べる。

論文

ロシア余剰核兵器解体プルトニウム処分協力

舟田 敏雄; 新谷 聖法

日本原子力学会誌, 44(6), p.473 - 480, 2002/00

ロシア解体プルトニウム処分協力の現状について、国際的協力の状況を概説するとともに「bn‐600バイパック燃料オプション」の現状について述べる。

口頭

ロシア余剰核兵器解体プルトニウム処分の現状と日本の協力

鈴木 美寿; 舟田 敏雄

no journal, , 

米露が2000年9月に合意した解体プル処分の進展状況と原子力機構とロシアのバイパック燃料共同研究協力の現状について概説する。

口頭

米露余剰核兵器解体プルトニウム処分の現状と日本の協力

舟田 敏雄; 千崎 雅生

no journal, , 

2000年9月に締結された米露「余剰核兵器解体プルトニウム処分協定」では、双方34トンの処分を軽水炉主体で行うこと、2007年までに処分を開始することなどが合意された。しかし、その後、米露間でさまざまな議論の後、ロシアの処分は高速炉を用い、双方の処分は2018年までに開始することに変更され、米露で行われている2000年協定改定交渉は、本年9月に妥結・調印の見通しとなった。この新たな処分目標に向け、米国では既にMOX燃料製造工場の建設が開始され、ロシアではBN-800高速炉の建設が加速されている。また、両国の兵器級プルトニウムのMonitoring Inspection手段についての検討も、IAEAを含めて開始される予定である。ここでは、これら米露解体プルトニウム処分の準備状況とこれまでの原子力機構のロシアでの処分協力について述べ、解体プルトニウム処分の今後の課題を展望する。

口頭

ロシアとのMOXバイパック燃料に関する共同研究の概要と今後の計画

舟田 敏雄; 鈴木 美寿; 千崎 雅生

no journal, , 

原子力機構がこれまで解体プル処分協力として実施してきたロシアの研究所とのバイパック燃料に関する共同研究の概要と今後の計画について述べる。4件のシリーズ発表(他組織)の一部。

6 件中 1件目~6件目を表示
  • 1