検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Thermal analysis and Ohmic loss estimation of polarizer for ITER ECCD system

三枝 幹雄*; 高橋 幸司; 柏 吉忠*; 大石 晋平*; 星 勇気*; 中畑 裕行*; 春日井 敦; 坂本 慶司; 今井 剛*

Fusion Engineering and Design, 74(1-4), p.473 - 478, 2005/11

 被引用回数:4 パーセンタイル:25.79(Nuclear Science & Technology)

国際熱核融合実験炉用電子サイクロトロン電流駆動装置の偏波器を開発し、170GHz, 441kW, 6sまでの大電力長パルス試験を行った。また、偏波器へ入力する直線偏波の入射偏波面を別の偏波器で回転させて偏波器の損失を温度上昇で測定したところ、偏波器の高周波損失は、入射偏波と回折格子の回転角に大きく依存し、その依存性は電磁界解析結果と定性的に一致した。電子サイクロトロン波のプラズマへの高効率結合に必要な入射偏波条件における損失の変化範囲は、理論値で0.2%から1.6%程度にまで変化した。

口頭

リモートアンテナの損失に関する研究

中畑 裕行*; 三枝 幹雄*; 高橋 幸司; 坂本 慶司

no journal, , 

核融合炉プラズマの電子サイクロトロン波加熱電流駆動アンテナは、可動ミラーを用いて高周波の入射角度制御を行うことができる。その可動ミラーをアンテナ導波管の入口、つまり、プラズマより遠くに離しミラーが中性子照射やプラズマからの高熱負荷の影響を受けないリモートアンテナの研究を進めている。これまでに、170GHzでMWレベル/短パルス,0.5MW/10秒の実験に成功している。アンテナ導波管として、管壁に方形状のコルゲート溝を有する導波管を使用するが、管内を伝播する高周波のオーミック損失の実験的評価と解析的評価が、高周波の偏波によっては異なることが判明した。これまで行ってきた解析では、コルゲート導波管壁の抵抗を平均化したモデルを使用しており、厳密にはコルゲート溝内部に励起される電磁界を考慮していないことが、この原因であると考えている。そこで、オーミック損失をより厳密に評価するために溝内部の電磁界を求めるコードを開発中である。これまでに、入射角20度の時の導波管入口及び出口付近において2パーセント程度のオーミック損失が生ずるという初期結果を得ている。

2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1