検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 7 件中 1件目~7件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

日本原子力研究開発機構における研究開発の現状

田島 保英; 家田 芳明

電気評論, 99(2), p.46 - 61, 2014/02

日本原子力研究開発機構(原子力機構)は、原子力による新しい科学技術や産業の創出を目指して基礎研究から応用研究に至るまで幅広い研究開発を行い、我が国唯一の原子力に関する総合的な研究機関として、原子力研究の中核的役割を担うとともに、東京電力福島第一原子力発電所事故からの復旧・復興に向けた取り組み、核燃料サイクル技術の確立を目指した研究開発、原子力安全研究、核融合研究開発等を重点的に実施すべき業務として進めてきた。本報では、原子力機構における平成25年度の研究開発の主な成果を中心に、現状と今後の動向を紹介する。

論文

日本原子力研究開発機構における研究開発の現状

田島 保英; 三浦 幸俊; 家田 芳明

電気評論, 98(2), p.45 - 60, 2013/02

日本原子力研究開発機構(原子力機構)は、発足から8年目を迎え、第2期中期目標期間の半ばを迎えたところである。原子力機構はこれまで、核燃料サイクル技術の確立をはじめとする原子力エネルギー研究開発に加え、原子力による新しい科学技術や産業の創出を目指して基礎研究から応用研究に至るまで幅広い研究開発を行い、我が国唯一の原子力に関する総合的な研究開発機関としての役割を果たすための研究開発を推進してきた。本稿では、原子力機構における平成24年度の研究開発の主な成果を中心に、現状と動向を紹介する。

論文

日本原子力研究開発機構における研究開発の現状

田島 保英; 三浦 幸俊; 梅木 博之

電気評論, 97(2), p.66 - 85, 2012/02

日本原子力研究開発機構(原子力機構)は、発足から7年目を迎え、第2期中期目標期間の半ばに差しかかろうとしている。原子力機構はこれまで、核燃料サイクル技術の確立をはじめとする原子力エネルギー研究開発に加え、原子力による新しい科学技術や産業の創出を目指して基礎研究から応用研究に至るまで幅広い研究開発を行い、我が国唯一の原子力に関する総合的な研究開発機関としての役割を果たすための研究開発を推進してきた。本稿では、原子力機構における平成23年度の研究開発の主な成果を中心に、現状と動向を紹介する。

特許

溶湯精錬装置及び溶湯精錬方法

阿部 哲也; 廣木 成治; 根本 正博; 新井 貴; 平塚 一; 長谷川 浩一; 田島 保英

大間知 聡一郎*

特願 2005-321013  公開特許公報  特許公報

【課題】従来と比べ溶湯中の3ミクロン以上の介在物や酸化物を著しく少なくし、製品不良を少なくすることを課題とする。 【解決手段】溶融状態のアルミニウム合金やマグネシウム合金を精錬する溶湯精錬装置において、溶融金属を収納する真空精錬装置1と、この真空精錬装置1に接続され,該真空精錬装置1内を1気圧以下に保持しえる真空ポンプと、前記真空精錬装置1内で溶融金属4中の介在物を浮上させる手段とを具備することを特徴とする溶湯精錬装置。

特許

ガス分析装置

阿部 哲也; 廣木 成治; 根本 正博; 田島 保英

大間知 聡一郎*

特願 2006-338659  公開特許公報  特許公報

【課題】本発明は、被測定ガスを加熱して加熱前後の被測定ガスの重量差を求め、被測定ガス中の微量ガスの実際の重さを測定することを課題とする。 【解決手段】大気等に含まれる微量ガスを定量するガス分析装置であり、被測定ガスを加熱する電気炉(加熱手段)31と、被測定ガスの加熱前後のガス量を測定する計測手段とを具備することを特徴とするガス分析装置。

特許

GAS AMOUNT MEASUREMENT DEVICE

阿部 哲也; 秦野 歳久; 平塚 一; 長谷川 浩一; 田島 保英

大間知 聡一郎*

特願 12/252940  公開特許公報  特許公報

A gas amount measuring device including a vacuum container, a first pipe, an air release valve being attached to the first pipe, a second pipe, a calibration gas generator being attached to the first pipe, a third pipe, a vacuum gauge, a first valve, a leak valve, a second valve, a turbomolecular pump, a third valve, and a roughing pump being attached to the third pipe in order from a vacuum container side, a first bypass pipe connecting the third pipe between the vacuum container and the first valve to the third pipe between the leak valve and the second valve, a fourth valve being attached to the first bypass pipe, and a second bypass pipe connecting the third pipe between the leak valve and the second valve to the third pipe between the third valve and the roughing pump, a fifth valve being attached to the second bypass pipe.

特許

ガス量測定装置

阿部 哲也; 秦野 歳久; 平塚 一; 長谷川 浩一; 田島 保英

大間知 聡一郎*

特願 2009-006854  公開特許公報  特許公報

【課題】本発明は、溶融金属中に含まれる特定の種類のガス量又は介在物に付随する特定の種類のガス量の絶対量あるいは介在物の粒子数を測定することを課題とする。 【解決手段】溶融金属を収容する真空容器1と、真空容器に接続する,大気開放バルブが介装された第1の配管5Aと、真空容器に接続する,校正ガス発生器が介装された第2の配管5Bと、真空容器に接続する,真空計、第1のバルブ、リークバルブ、第2のバルブ、ターボ分子ポンプ、第3のバルブ及び粗引きポンプが介装された第3の配管5Cと、真空容器,第1のバルブ間の第3配管とリークバルブ,第2のバルブ間の第3配管とを接続する,第4のバルブが介装された第1のバイパス配管16と、リークバルブ,第2のバルブ間の第3配管と第3のバルブ,粗引きポンプの間の第3配管とを接続する,第5のバルブが介装された第2のバイパス配管17を具備することを特徴とするガス量測定装置。

7 件中 1件目~7件目を表示
  • 1