検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 4 件中 1件目~4件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Neutron capture cross-section measurement and resolved resonance analysis of $$^{237}$$Np

Rovira, G.*; 片渕 竜也*; 登坂 健一*; 松浦 翔太*; 寺田 和司*; 岩本 修; 木村 敦; 中村 詔司; 岩本 信之; 瀬川 麻里子; et al.

Journal of Nuclear Science and Technology, 57(1), p.24 - 39, 2020/01

 被引用回数:4 パーセンタイル:84.6(Nuclear Science & Technology)

The neutron capture cross-section of $$^{237}$$Np has been measured in the neutron energy region of 10 meV to 500 eV. A neutron time-of-flight method was employed using the NaI(Tl) spectrometer in the ANNRI beam-line at the Japanese Proton Accelerator Re-search Complex (J-PARC). The experimental capture yield was derived using the pulse-height weighting technique and an energy dependent cross-section was obtained relative to the incident neutron spectrum derived from a $$^{10}$$B(n, $$alpha$$)$$^{7}$$Li reaction yield. The absolute cross-section was determined by normalizing the results to JENDL-4.0 cross-section data at the first resonance of $$^{237}$$Np. The thermal cross-section was measured to be 177.6 $$pm$$ 3.8 b. The resolved resonance region was analyzed with the REFIT code.

口頭

岐阜県東濃地域における地殻変動及び気候変動を考慮した広域地下水流動解析

河口 達也*; 三枝 博光; 丹羽 正和; 島田 耕史; 安江 健一; 黒澤 英樹; 鎌滝 孝信*; 登坂 博行*

no journal, , 

本研究では、岐阜県東濃地域を事例として、領域内に分布する主要な断層に対し既往の知見を取り込んだモデル化を行い、地形・地質構造の変化並びに気候変動をパラメータとした、現在、0.2Ma, 1.1Maの時間断面における地下水流動解析を行った。その結果、地形並びに気象条件は、地盤への浸透量に大きな影響を与え、また、地下水面の分布を規制していることが確認された。一方、標高区分ごとの流速の分布より、各条件による影響が卓越する区間が標高ごとに異なり、浅部は気象条件が大きく影響し、深部は断層の分布の条件が大きく影響することが確認された。

口頭

High-energy measurement of the neutron capture cross-section of $$^{237}$$Np

Rovira, G.*; 片渕 竜也*; 登坂 健一*; 松浦 翔太*; 岩本 修; 木村 敦; 中村 詔司; 岩本 信之; 寺田 和司*

no journal, , 

The neutron capture cross section of $$^{237}$$Np was measured at the ANNRI beamline of J-PARC. A final value for the capture cross section of $$^{237}$$Np is presented using two normalization techniques. The capture data was normalized at the first resonance using JENDL-4.0 and also using the total neutron flux obtained from a $$^{197}$$Au sample measurement in which the first resonance was completely saturated. This measurement results were complemented with calculations using CCONE code to estimate the PH spectrum under the detection threshold. Alongside these results, an analysis of the high-energy capture cross-section with CCONE was performed. An evaluated cross-section is presented using the experimental results.

口頭

核変換システム開発のための長寿命MA核種の高速中性子捕獲反応データの精度向上に関する研究,4; MA核種の中性子捕獲断面積測定

児玉 有*; 片渕 竜也*; Rovira Leveroni, G.; 中野 秀仁*; 木村 敦; 中村 詔司; 岩本 信之; 遠藤 駿典; 登坂 健一*; 寺田 和司*

no journal, , 

核変換システムを開発する上で長寿命MA核種の高速領域における高精度の中性子捕獲断面積データが必要とされている。長寿命MA核種の高速中性子捕獲反応データの測定をJ-PARC物質・生命科学実験施設にある中性子核反応測定装置(ANNRI)で行った。飛行距離27.9mの位置にMA試料($$^{237}$$Np, $$^{243}$$Am)を設置して捕獲ガンマ線をNaI(Tl)検出器で検出した。入射中性子エネルギーは飛行時間法を用いて決定した。中性子スペクトルはホウ素試料による$$^{10}$$B(n,$$alphagamma$$)$$^7$$Li反応からのガンマ線を検出することで測定した。さらに本研究プロジェクトで開発した中性子フィルター装置を用いて入射中性子ビームを単色化(または準単色化)して高速中性子エネルギーでの測定を行った。NaI(Tl)検出器からの信号をデータ収集系に取込み、飛行時間と信号波高を検出イベント毎に記録した。その結果、鉄フィルター(24keV)を用いて単色化された中性子の存在する飛行時間領域の波高スペクトルと波高重み法を適用した中性子捕獲断面積を導出した。

4 件中 1件目~4件目を表示
  • 1