検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 13 件中 1件目~13件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

報告書

Verification of alternative dew point hygrometer for CV-LRT in MONJU; Short- and long-term verification for capacitance-type dew point hygrometer (Translated document)

市川 正一; 千葉 悠介; 大野 史靖; 羽鳥 雅一; 小林 孝典; 上倉 亮一; 走利 信男*; 犬塚 泰輔*; 北野 寛*; 阿部 恒*

JAEA-Research 2017-001, 40 Pages, 2017/03

JAEA-Research-2017-001.pdf:5.19MB

日本原子力研究開発機構は、高速増殖原型炉もんじゅのプラント工程への影響を低減するため、現在、原子炉格納容器全体漏えい率試験で用いている塩化リチウム式露点検出器の代替品として、静電容量式露点検出器の検証試験を実施した。原子炉格納容器全体漏えい率試験(試験条件: 窒素雰囲気、24時間)における静電容量式露点検出器の測定結果は、既存の塩化リチウム式検出器と比較して有意な差は無かった。また、長期検証試験(試験条件:空気雰囲気、2年間)においては、静電容量式露点検出器は、高精度鏡面式露点検出器との比較の結果、「電気技術規程(原子力編)」の「原子炉格納容器の漏えい試験規定」に基づく使用前検査時に要求される機器精度(精度:$$pm$$2.04$$^{circ}$$C)を長期間にわたり有することを確認した。

報告書

「もんじゅ」の原子炉格納容器全体漏えい率試験に対する代替露点検出器の実証試験

市川 正一; 千葉 悠介; 大野 史靖; 羽鳥 雅一; 小林 孝典; 上倉 亮一; 走利 信男*; 犬塚 泰輔*; 北野 寛*; 阿部 恒*

JAEA-Research 2016-021, 32 Pages, 2017/02

JAEA-Research-2016-021.pdf:5.0MB

日本原子力研究開発機構は、高速増殖原型炉もんじゅのプラント工程への影響を低減するため、現在、原子炉格納容器全体漏えい率試験で用いている塩化リチウム式露点検出器の代替品として、静電容量式露点検出器の検証試験を実施した。原子炉格納容器全体漏えい率試験(試験条件: 窒素雰囲気、24時間)における静電容量式露点検出器の測定結果は、既存の塩化リチウム式検出器と比較して有意な差は無かった。また、長期検証試験(試験条件: 空気雰囲気、2年間)においては、静電容量式露点検出器は、高精度鏡面式露点検出器との比較の結果、「電気技術規程(原子力編)」の「原子炉格納容器の漏えい率試験規程」に基づく使用前検査時に要求される機器精度(精度: $$pm$$2.04$$^{circ}$$C)を長期間にわたり有することを確認した。

報告書

高速増殖原型炉もんじゅプラント管理年報 2001年度(平成13年度)

飯島 稔; 泉川 浩輝; 上倉 亮一; 金子 義久

JNC TN2440 2002-017, 27 Pages, 2001/01

JNC-TN2440-2002-017.pdf:1.4MB

None

報告書

高速増殖原型炉もんじゅプラント管理年報 平成12年度分

飯島 稔; 泉川 浩輝; 上倉 亮一; 金子 義久

JNC TN2440 2002-016, 27 Pages, 2000/01

JNC-TN2440-2002-016.pdf:1.43MB

None

報告書

高速増殖原型炉もんじゅプラント管理年報 平成11年度分

飯島 稔; 泉川 浩輝; 上倉 亮一; 金子 義久

JNC TN2440 2002-015, 33 Pages, 1999/01

JNC-TN2440-2002-015.pdf:1.47MB

None

報告書

高速増殖原型炉もんじゅプラント管理年報 平成10年度分

飯島 稔; 泉川 浩輝; 上倉 亮一; 金子 義久

JNC TN2440 2002-014, 36 Pages, 1998/01

JNC-TN2440-2002-014.pdf:1.5MB

None

報告書

高速増殖原型炉もんじゅプラント管理年報 平成9年度分

飯島 稔; 泉川 浩輝; 上倉 亮一; 金子 義久

JNC TN2440 2002-013, 33 Pages, 1997/01

JNC-TN2440-2002-013.pdf:1.43MB

None

報告書

高速増殖原型炉もんじゅプラント管理年報 平成8年度分

飯島 稔; 泉川 浩輝; 上倉 亮一; 金子 義久

JNC TN2440 2002-012, 31 Pages, 1996/01

JNC-TN2440-2002-012.pdf:1.76MB

None

口頭

Verification test of alternative dew point detector for CV-LRT in Monju

千葉 悠介; 市川 正一; 大野 真平; 羽鳥 雅一; 小林 孝典; 上倉 亮一; 走利 信男*; 犬塚 泰輔*; 阿部 恒*; 北野 寛*

no journal, , 

高速増殖原型炉もんじゅ(以下「もんじゅ」と記す)の原子炉格納容器全体漏えい率試験(以下「CV-LRT」と記す)に用いる塩化リチウム式露点検出器については、3ヶ月ごとのメンテナンスを必要としており、もんじゅのプラント運転工程計画上、12ヶ月以上の使用期間を有する露点検出器への採用見直しが望ましい。日本原子力研究開発機構は、各規程等で要求される仕様に対応できる代替露点検出器として、ヴァイサラ社製の静電容量式露点検出器(以下「代替露点検出器」と記す)を選定し、当該代替露点検出器の性能評価をした。CV-LRT条件下における、代替露点検出器による24時間の原子炉格納容器内露点測定を行い、既存の塩化リチウム式露点検出器との性能を比較評価した。さらに、代替露点検出器の性能確認として、大気環境下で2年間の露点測定を行い、高精度鏡面式露点検出器との性能を比較評価した。その結果、当該代替露点検出器は原子炉格納容器の漏えい率試験規定(JEAC4203-2008)の要求する計器精度を有することを確認した。

口頭

「もんじゅ」の原子炉格納容器全体漏えい率試験に対する代替露点検出器の実証試験; 静電容量式露点検出器に対する短期間及び長期間の検証試験

羽鳥 雅一; 市川 正一; 千葉 悠介; 小林 孝典; 上倉 亮一; 走利 信男*; 犬塚 泰輔*; 北野 寛*; 阿部 恒*; 大野 史靖

no journal, , 

日本原子力研究開発機構は、現在、原子炉格納容器全体漏えい率試験で用いている塩化リチウム式露点検出器のメンテナンス等による高速増殖原型炉もんじゅのプラント工程への影響を低減するため、塩化リチウム式露点検出器の代替品として、静電容量式露点検出器の検証試験を実施した。原子炉格納容器全体漏えい率試験(試験条件:窒素雰囲気、24時間)における静電容量式露点検出器の測定結果は、既存の塩化リチウム式検出器と比較して有意な差は無かった。また、長期検証試験(試験条件:空気雰囲気、2年間)においては、静電容量式露点検出器は、高精度鏡面式露点検出器との比較の結果、「電気技術規程(原子力編)」の「原子炉格納容器の漏えい率試験規程」に基づく使用前検査時に要求される機器精度(検出器・変換器との合成精度: $$pm$$2.04$$^{circ}$$C)を長期間にわたり有することを確認した。なお、既存の計測機器により、長期間にわたって雰囲気計測を実施した事例は他にない。

口頭

高速増殖原型炉もんじゅにおける使用済み圧力開放板の材料試験及び破裂試験

市川 正一; 伊藤 健司; 脇本 文次; 刀根 公平; 渡邊 雄介; 小林 孝典; 上倉 亮一

no journal, , 

本研究では、高速増殖原型炉もんじゅ(以下、もんじゅ)において、蒸発器用及び過熱器用の圧力開放板(以下、RD)の交換周期を確立するため、プラント環境で使用したRDについて破裂試験等を実施し、経年変化の有無を評価することを目的とした。RDは、蒸発器及び過熱器内で、万一、大規模なナトリウム・水反応事故が発生した場合、2次主冷却系設備内圧力を開放すること並びに開放の検出を目的に設置されている機器である。使用済みRDの材料試験からは、材料特性に明確な劣化は確認されなかった。また、使用済みRDの破裂試験からは、破裂圧力に若干の変動はみられるものの、その変動幅は2次主冷却系設備の要求値の範囲内であった。もんじゅ及びもんじゅ以降の高速炉開発において、精度の高いRDの交換周期の確立に資するため、更なるデータの蓄積が必要である。

口頭

廃止措置段階における換気空調設備の運用について

大久保 学; 清水 亮; 羽鳥 雅一; 小林 孝典; 上倉 亮一

no journal, , 

崩壊熱が極めて低いレベルにある「もんじゅ」の廃止措置期間中の炉心及び炉外燃料貯蔵槽に燃料が配置されている状況下においては、予熱ヒータにてナトリウムが凍結することを防止しつつも、区画内に放出される放散熱を換気空調設備により冷却する運用を継続することが望ましい。ただし、換気空調設備の運用は、原子炉の通常運転を対象として設計されたものであり、廃止措置段階においては、その状況に応じた適切な運用の見直しが必要である。本報では、これまでの運転データ等をもとに、実負荷と換気空調設備容量の関係を整理し、廃止措置段階における合理的な換気空調設備の運用に関する検討状況について報告する。

口頭

20年間のもんじゅプラントデータから得られた成果について,11; 1次主冷却系循環ポンプの軸封機構について

橋立 竜太; 森岡 辰也; 澤崎 浩昌; 塩谷 洋樹; 小幡 行史; 上倉 亮一

no journal, , 

これまで、中央計算機で取得したデータを中心に評価を進めてきたが、今回、保全データを用いた評価について取組んだ。本報では、ナトリウムベーパを含むカバーガスのバウンダリを構成する軸封機構について、ナトリウムベーパに対する設計段階で考慮されてきたシールガスの効果及びカバーガスバウンダリのシール性について20年間のもんじゅのプラントデータ、保全データを用い検討を行った結果を報告する。

13 件中 1件目~13件目を表示
  • 1