検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Benchmarking of calculated projectile fragmentation cross-sections using the 3-D, MC codes PHITS, FLUKA, HETC-HEDS, MCNPX_HI, and NUCFRG2

Sihver, L.*; Mancusi, D.*; 仁井田 浩二*; 佐藤 達彦; Townsend, L.*; Farmer, C.*; Pinsky, L.*; Ferrari, A.*; Cerutti, F.*; Gomes, I.*

Acta Astronautica, 63(7-10), p.865 - 877, 2008/10

 被引用回数:32 パーセンタイル:88.07(Engineering, Aerospace)

信頼性の高い重イオンの核反応モデルの確立は、宇宙飛行士の被ばく線量評価や重粒子線治療の治療計画の際に不可欠である。現在、重イオン核反応モデルを搭載したさまざまな計算コードが世界各地で開発されているが、そのコード間同士や実験値との比較は十分に行われていない。そこで、われわれは、さまざまな計算コード(PHITS, FLUKA, HETC-HEDS, MCNPX_HI, NUCFRG2)を用いて、200$$sim$$1000MeV/nの重イオンにより引き起こされたフラグメンテーション反応断面積を計算し、実験値と比較した。発表では、その比較結果を紹介するとともに、モデルの違いによる計算精度の差について検証する。

口頭

Simulations of the radiation environment at ISS altitudes

Katarina, G.*; Sihver, L.*; Mancusi, D.*; 佐藤 達彦; 仁井田 浩二*

no journal, , 

国際宇宙ステーション(ISS)内外における放射線環境のシミュレーションは、有人宇宙活動を計画する際に不可欠である。宇宙船外の放射線環境は、ウェブベースのモデルパッケージCREME96やSPENVISにより計算することができる。本報告では、これらパッケージ間の計算結果の差について報告する。また、これらのパッケージと粒子輸送計算コードPHITSを組合せて実施したシミュレーション結果と、ISS内で実施されている最新の実験(Altea, Alteino及びMatroshka)結果を比較し、その精度を検証する。

2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1