検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 20 件中 1件目~20件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Field-induced incommensurate-to-commensurate transition in the triangular lattice antiferromagnet GdPd$$_2$$Al$$_3$$

稲見 俊哉; 寺田 典樹*; 北澤 英明*; 酒井 治*

Journal of Physics; Conference Series, 200, p.032022_1 - 032022_4, 2010/02

 被引用回数:0 パーセンタイル:0.04

We have carried out resonant magnetic X-ray diffraction experiments under magnetic fields up to 0.15 T at 4 K on the stacked triangular lattice antiferromagnet GdPd$$_2$$Al$$_3$$, which exhibits a helical magnetic structure of extremely long incommensurate modulation below $$T_{rm N2}$$ (= 13.3 K). A helical-to-fan transition is expected when a magnetic field is applied in the spin plane, while we observed a first-order incommensurate-to-commensurate transition around 0.04 T. This result indicates that the free energy has a double-well structure around the K-point.

論文

Partial order of frustrated Potts model

五十嵐 亮; 小形 正男*

Journal of Physics; Conference Series, 200, p.022019_1 - 022019_4, 2010/02

 被引用回数:1 パーセンタイル:49.66

We investigate a 4-state ferromagnetic Potts model with a special type of geometrical frustration on a three dimensional diamond lattice. We find that the model undergoes unconventional phase transition; half of the spins in the system order in a two dimensional hexagonal-sheet-like structure while the remaining half of the spins stay disordered. The ordered sheets and the disordered sheets stack one after another. We obtain fairly large residual entropy using the Wang-Landau Monte Carlo simulation.

論文

Anisotropic transport properties of NpPd$$_5$$Al$$_2$$

松田 達磨; 芳賀 芳範; 青木 大*; 本間 佳哉*; 立岩 尚之; 山本 悦嗣; 大貫 惇睦

Journal of Physics; Conference Series, 200, p.012113_1 - 012113_4, 2010/02

 被引用回数:2 パーセンタイル:67.92

ZrNi$$_2$$Al$$_5$$-型結晶構造の異方的超伝導体NpPd$$_5$$Al$$_2$$について、電気抵抗及びホール効果測定を行った。電気抵抗の温度依存性は、異方的で、電流方向[001]では、すべての温度範囲で、[100]方向より大きい値を示す。高温では、近藤効果に特徴的な$$-log T$$の振る舞いを示す。ホール抵抗の磁場依存性は、55kOeまで線形な振る舞いを示す。ホール係数は、c軸方向で負の値を示すが、a軸方向では、温度の上昇とともに劇的に負から正の値へと変化することがわかった。

論文

Magnetic transitions in YbCo$$_2$$Si$$_2$$

金子 耕士; Stockert, O.*; Mufti, N.*; Kiefer, K.*; Klingner, C.*; Krellner, C.*; Geibel, C.*; Steglich, F.*

Journal of Physics; Conference Series, 200, p.032031_1 - 032031_4, 2010/02

 被引用回数:5 パーセンタイル:86.91

YbCo$$_2$$Si$$_2$$ with the tetragonal ThCr$$_2$$Si$$_2$$-type structure is an isoelectronic compound to YbRh$$_2$$Si$$_2$$. At zero magnetic field YbCo$$_2$$Si$$_2$$ undergoes two magnetic transitions at $$T_{rm N, L}$$=0.9,K and $$T_{rm N, H}$$=1.7,K,and exhibits a complex magnetic phase diagram for small applied fields, lower than ${textit{textbf{B}}}$=2,T. Therefore, YbCo$$_2$$Si$$_2$$ is not only a good reference to YbRh$$_2$$Si$$_2$$ but also an interesting system in its own to study its magnetic properties. In order to reveal the magnetic structure of YbCo$$_2$$Si$$_2$$, a neutron powder diffraction experiment was carried out. At zero field, several superlattice reflections were clearly observed at 0.5,K. By heating up to 1.1,K, to the intermediate phase, a substantial change in both, the peak position and the intensity ratio of the magnetic reflection was found. We will propose a possible magnetic structure for both phases.

論文

Quantum criticality in a uranium heavy fermion system revealed with NMR spin-spin relaxation

神戸 振作; 酒井 宏典; 徳永 陽; 松田 達磨; 芳賀 芳範; 安岡 弘志; 中堂 博之; Walstedt, R. E.*

Journal of Physics; Conference Series, 200, p.012076_1 - 012076_4, 2010/02

 被引用回数:1 パーセンタイル:49.66

重い電子系の量子臨界挙動を解明するため、NMRスピン-スピン緩和におけるガウス型緩和率$$1/T_{2G}$$の利用を提案する。スピン-格子緩和率$$1/T_1$$は動的帯磁率と関係しているが、$$1/T_{2G}$$は静的帯磁率と関係している。この2つの量を組合せた量である$$T_1T/T_{2G}^2$$が量子臨界の解明に有効であることがわかった。その例として重い電子系USn$$_3$$での温度依存について議論する。

論文

Magnetization process of the S=1/2 distorted diamond spin chain with the Dzyaloshinsky-Moriya interaction

坂井 徹; 岡本 清美*; 利根川 孝*

Journal of Physics; Conference Series, 200, p.022052_1 - 022052_4, 2010/02

 被引用回数:4 パーセンタイル:83.16

アズライトと呼ばれる化合物Cu$$_3$$(CO$$_3$$)$$_2$$(OH)$$_2$$が候補物質として知られることから、歪んだダイヤモンド鎖が注目されている。この物質については多くの理論的研究があるにもかかわらず、磁化過程で観測されている大きな異方性の原因が解決されていない。この問題を解くため、われわれはジャロシンスキー・守谷相互作用を導入した歪んだダイヤモンド鎖を理論的に研究した。数値的な理論解析の結果、十分に大きいジャロシンスキー・守谷相互作用を考えれば、このモデルにより磁化過程の大きな異方性を再現することができることがわかった。

論文

Charge-spin-orbital dynamics of one-dimensional two-orbital Hubbard model

大西 弘明

Journal of Physics; Conference Series, 200, p.012152_1 - 012152_4, 2010/02

 被引用回数:2 パーセンタイル:67.92

We study the real-time evolution of excited states in a one-dimensional two-orbital Hubbard model, by a time-dependent density-matrix renormalization group method. When we consider $$e_{rm g}$$ orbitals along the $$z$$ direction, electrons can hop only between 3$$z$$$$^{2}$$-$$r$$$$^{2}$$ orbitals due to the spatial anisotropy of the orbital shape. In such a case, creating a hole into the ground state, we observe that wavepackets of the spin density and the charge density propagate in opposite directions with its own individual velocity. Thus, the spin-charge separation is clearly observed. We will discuss the propagation of wavepackets of various types of excited states that possess hole, holon-doublon, magnon, and orbiton.

論文

Electronic states of magnetic refrigerator materials Mn$$_{0.9}$$Fe$$_{1.1}$$P$$_{0.55}$$As$$_{0.45}$$ using soft X-ray magnetic circular dichroism

竹田 幸治; 岡根 哲夫; 大河内 拓雄*; 藤森 伸一; 斎藤 祐児; 山上 浩志; 薮田 久人*; 高畠 敏郎*

Journal of Physics; Conference Series, 200, p.012199_1 - 012199_4, 2010/02

 被引用回数:2 パーセンタイル:67.92

MnFePAs及びMnFePGeは強磁性転移温度のわずかに上の常磁性状態において、外部磁場により大きなエントロピー変化を伴う一次の常磁性・強磁性転移が起こる。この現象は磁気冷凍材料として注目されている。本研究では軟X線磁気円二色性を用いて、この常磁性・強磁性転移において、磁性を担っているMn元素とFe元素の磁気的振舞をそれぞれ分離して調べた。その結果、両物質ともに、Mn元素とFe元素の磁気モーメントはお互い同じ方向を向いていることがわかった。また、磁気モーメントの大きさは両試料においてもMnの方が大きいこともわかった。常磁性・強磁性転移に伴い、磁気円二色性のシグナルの大きさには顕著な変化を示すが、スペクトルの形状変化は観測されず、磁気転移において価数の変化などは起こっていないことがわかった。

論文

Magneto-electric effect in charge-ordered LuFe$$_{2}$$O$$_{4}$$

神戸 高志*; 小松 拓磨*; 道内 尊正*; 早川 弘毅*; 大石 大輔*; 花咲 徳亮*; 吉井 賢資; 池田 直*

Journal of Physics; Conference Series, 200, p.012077_1 - 012077_4, 2010/02

 被引用回数:4 パーセンタイル:83.16

電荷秩序を起源として強誘電体となる鉄酸化物LuFe$$_{2}$$O$$_{4}$$について、外部磁場下において誘電率測定を行い、電気磁気効果を観測した。330K以下の三次元鉄電荷秩序を持つ強誘電相において、本系の誘電応答は外部磁場に強く依存して変化することがわかった。外部磁場依存性は、磁気転移温度(240K)近傍において増強されることも見いだした。これは誘電性と磁性の相関が存在することを強く示唆する。また、本測定から観測された、磁気転移温度以上の電気磁気効果と、試料の酸素量などについての関係も報告し、観測された電気磁気効果の起源などについて議論する。

論文

Doping effect on charge ordered structure in RFe$$_{2}$$O$$_{4}$$(R=Lu and Yb)

松尾 祥史*; 森 茂生*; 平田 秋彦*; 吉井 賢資; 池田 直*

Journal of Physics; Conference Series, 200, p.012128_1 - 012128_4, 2010/02

 被引用回数:3 パーセンタイル:77.33

鉄電荷秩序により強誘電性を発現する鉄酸化物RFe$$_{2}$$O$$_{4}$$(R=Ho-Lu, Y)の性質を明らかにするため、その鉄サイト置換物質RFeCuO$$_{4}$$(R=Yb, Lu)とともに、物性と電荷秩序構造について調べた。誘電率測定から、RFeCuO$$_{4}$$は常誘電体であることを観測した。また、この物質及び母体物質RFe$$_{2}$$O$$_{4}$$に対する電子線回折実験から、鉄サイトに銅を置換することにより鉄電荷秩序が抑えられること、また、誘電性を持つドメインのサイズが小さくなることを観測した。さらに磁化測定を行い、銅置換によって磁気転移温度が大幅に下がることを観測した。これらの結果から、RFe$$_{2}$$O$$_{4}$$及び鉄サイト置換系では、誘電性を持つドメインの状態(サイズや分布状態など)が物性を左右していることを議論する。

論文

Magnetic properties and ferromagnetic microstructures in Al-doped La$$_{1-x}$$Sr$$_{x}$$MnO$$_{3}$$

森 茂生*; 吉留 和弘*; 永峰 佑起*; 戸川 欣彦*; 吉井 賢資; 竹中 康司*

Journal of Physics; Conference Series, 200, p.012129_1 - 012129_4, 2010/02

 被引用回数:5 パーセンタイル:86.91

ぺロスブスカイトマンガン強磁性酸化物La$$_{1-x}$$Sr$$_{x}$$MnO$$_{3}$$のマンガンサイトにアルミニウムをドープした場合の磁性の変化について、磁化測定とローレンツ顕微鏡を使って調べた。x=0.175でアルミ置換量5%のLa$$_{0.825}$$Sr$$_{0.175}$$Mn$$_{0.95}$$Al$$_{0.05}$$O$$_{3}$$は、116Kで菱面体晶から斜方晶への転移が起こることがわかった。この転移温度以下では、強磁性磁化の微かな減少が見られた。また、ローレンツ顕微鏡観察からは、この転移に伴い、強磁性ドメインにはストライプパターンが出現することがわかった。この試料の帯磁率測定からは、65K以下で帯磁率ピークの周波数依存性が見られた。これらの実験結果などから、非磁性のアルミニウムイオンをマンガンに置換した場合の磁性に関する影響について考察する。

論文

Fe-doping effects on magnetism in hole-type superconductors of (Bi,Pb)$$_{2}$$Sr$$_{2}$$CuO$$_{6}$$

平賀 晴弘*; 脇本 秀一; 武田 全康; 加倉井 和久; 松村 大樹; 西畑 保雄; 水木 純一郎; 山田 和芳*

Journal of Physics; Conference Series, 200, p.012059_1 - 012059_4, 2010/02

 被引用回数:0 パーセンタイル:0.04

Bi$$_{1.75}$$Pb$$_{0.35}$$Sr$$_{1.90}$$CuO$$_{6+delta'}$$に対してFeドーピングがスピン相関に与える影響を探った。磁気効果による中性子非弾性散乱がincommensurateな位置に観測され、その性質がオーバードープ相においてLa$$_{2-x}$$Sr$$_{x}$$CuO$$_{4}$$とは異なることがわかった。オーバードープ相での異常を動的ストライプモデルから考察した。

論文

$$^{105}$$Pd NQR study on NpPd$$_5$$Al$$_2$$ and CePd$$_5$$Al$$_2$$

中堂 博之; 酒井 宏典; 徳永 陽; 神戸 振作; 青木 大*; 芳賀 芳範; 松田 達磨; 本間 佳哉*; 中野 泰典*; 本多 史憲*; et al.

Journal of Physics; Conference Series, 200, p.012020_1 - 012020_4, 2010/02

 被引用回数:3 パーセンタイル:77.33

NpPd$$_5$$Al$$_2$$とCePd$$_5$$Al$$_2$$に対して行った$$^{105}$$Pd NQR実験の結果を報告する。両物質の非秩序状態である6Kにおいて、4本の共鳴線から構成される$$^{105}$$Pdの信号を観測した。それらの信号は、結晶学的に非等価な二つのPdサイトからの$$pm1/2leftrightarrowpm3/2$$$$pm3/2leftrightarrowpm5/2$$の遷移に対応している。$$^{105}$$Pd NQRスペクトルを解析し、核四重極周波数$$nu_Q$$,非対称変数$$eta$$,電場勾配V$$_{zz}$$を見積もった。

口頭

Single-channel vs multi-channel Kondo effects; SmTe and TmTe studied via resonant inelastic X-ray scattering under high pressure

Jarrige, I.; Rueff, J.-P.*; Shieh, S.*; 田口 宗孝*; 大石 泰生*; 松村 武*; 石井 啓文*; 平岡 望*; Cai, Y. Q.*

no journal, , 

Using resonant inelastic X-ray scattering and the Anderson impurity model, we estimated the pressure dependence of the Sm and Tm valence and 4 f -5d hybridization in the respectively single and multi-channel Kondo compounds SmTe and TmTe. We observed a usual, continuous Kondo-like f delocalization for SmTe as a function of pressure. On the contrary, our results reveal that the f delocalization in TmTe is discontinuous, characterized by a previously unobserved plateau-like behavior between 4.3 and 6.5 GPa. This is interpreted as an experimental observation of the effect of culminating multi-channel Kondo scattering of d electrons from local moments on the electronic structure. Our study raises the interesting possibility that an NCK effect realized in a compressed mixed-valent f system could impede the concomitant electron delocalization.

口頭

Intermediate-valence state in binary Cd-Yb quasicrystal and its crystalline approximant

川名 大地; 綿貫 徹; 町田 晃彦; 菖蒲 敬久; 青木 勝敏; Tsai, A. P.*

no journal, , 

Cd-Yb二元準結晶の高圧下でのYbの価数をX線吸収スペクトル測定から調べ、Ybが準周期構造をとる場合でも圧力を用いることで価数を制御できることを初めて示した。価数は常圧の2価から30GPaで2.3価まで連続的に増大することがわかり、これまで見つかっていない準周期系の中間価数状態を実現させることに成功した。価数の圧力依存性が参照物質として測定した近似結晶Cd$$_6$$Ybのそれとよく似ていることから、準結晶の特徴であるYbサイトの種類が多数存在することによる影響がほとんどないことが考えられる。このことから、高圧下での4f電子状態に対して、従来の結晶物質で観測されている価数揺動系と同様の議論が可能であることが示される。

口頭

Electronic structure of UN; Angle resolved photoelectron spectroscopy study

藤森 伸一; 大河内 拓雄*; 岡根 哲夫; 斎藤 祐児; 藤森 淳; 山上 浩志; 青木 大*; 山本 悦嗣; 大貫 惇睦; 芳賀 芳範

no journal, , 

UNは$$T_N$$=53Kのtype I反強磁性体である。U原子間距離(3.46$AA)$がHill limit(3.4$AA)$に近く、U 5$$f$$電子状態に関して遍歴と局在で意見が分かれている。最近、U 5$$f$$電子は二重性を持つという指摘がなされている。われわれは、UNのフェルミ面とバンド構造を角度分解光電子分光によって明らかにした。以前の実験では観測されなかったU 5$$f$$電子による準粒子バンドが観測された。観測されたフェルミ面とバンド構造は、U 5$$f$$電子を遍歴として取り扱ったバンド計算によって再現された。U 5$$f$$電子は遍歴的な性質を持つと考えられ、この化合物の磁性も遍歴U 5$$f$$電子によって引き起こされていると考えられる。

口頭

Small-angle neutron scattering study of sintered Nd-Fe-$$^{11}$$B magnets with different coercivity values

秋屋 貴博*; 武田 全康; 鈴木 淳市; 山口 大輔; 加藤 宏朗*

no journal, , 

これまでさまざまな取り組みがなされてきたものの、Nd-Fe-B焼結磁石の保磁力にその内部界面構造が果たしている役割は明らかになっていない。本研究の目的は中性子小角散乱法により異なる保磁力を持つNd-Fe-B焼結磁石の内部構造と保磁力の間の相関を明らかにすることである。保磁力が13kOeと16kOeの間で異なる5つの試料の中性子小角散乱測定を行ったところ、選択則により磁気成分による小角散乱が起こらない、散乱ベクトル$$vec{q}$$が着磁方向である$$c$$軸と平行な方向では小角散乱強度が保磁力によらないが、磁気成分による小角散乱を含む$$vec{q}$$$$c$$軸と垂直方向では、小角散乱強度と保磁力は比例関係にあることを見いだした。

口頭

Smectic to nematic transition of magnetic texture in conical state of FeCoSi under an external magnetic field

武田 全康; 遠藤 康夫; 小野瀬 佳文*; 加倉井 和久; 鈴木 淳市; 十倉 好紀*

no journal, , 

Fe$$_{0.7}$$Co$$_{0.3}$$Siの長距離磁気秩序状態における複雑な相転移の様子を中性子小角散乱法によって調べた。その結果、外部磁場下において、長距離磁気秩序の磁区構造が液晶に似た振る舞いをすることを見いだした。温度や外部磁場を変えることにより、円環状,三日月状,散漫散乱を伴うスポット等のさまざまな小角散乱パターンを観測した。このような振る舞いは、外部磁場下でのコニカル状態が持つ磁気モーメントの強磁性成分を液晶のdirectorとみなすことで、液晶の総転移との類似性で説明することができる。

口頭

Study of electronic states of uranium chalcogenides using soft X-ray photoemission spectroscopy and magnetic circular dichroism

竹田 幸治; 岡根 哲夫; 大河内 拓雄*; 藤森 伸一; 斎藤 祐児; 山上 浩志; 藤森 淳*; 池田 修悟*; 酒井 宏典; 芳賀 芳範; et al.

no journal, , 

ウラン化合物強磁性体はほとんどが金属であるが、USX(X=S, Se, Te)は少数キャリア系でかつ強磁性を示す珍しい物質であることから、ウラン化合物の強磁性起源を知るうえでも重要な物質である。本研究では、この物質の電子状態を軟X線光電子分光と磁気円二色性を用いて調べた。光電子分光実験からは、少数キャリアを反映して、フェルミ準位にほとんど状態密度のない価電子帯スペクトルが得られ、かつキャリア濃度とウラン5f電子状態の価電子帯における束縛エネルギーに明瞭な相関が観測された。さらに、強磁性転移に伴うフェルミ準位近傍における電子状態の変化も観測された。磁気円二色性実験からは、金属強磁性体であるウランモノカルコゲナイドに対する以前の結果と酷似したスペクトルが得られた。これらの結果は価電子帯における5f電子状態は金属強磁性体と少数キャリア系強磁性体で異なるにもかかわらずスピン電子状態はよく似ているというウラン化合物強磁性体に対する新しい知見が得られた。

口頭

O Ka emission spectra of ilmenites MTiO$$_{3}$$ (M=Mn, Fe, Co and Ni)

安居院 あかね; 水牧 仁一朗*

no journal, , 

イルメナイトファミリーとして知られるMTiO$$_{3}$$について、O1s軟X線発光スペクトルを測定した。Mイオンの変化に対応したスペクトル形状の変化が観測された。この変化の様子をO2pとM3dの混成の強さの違いと合わせて議論する。

20 件中 1件目~20件目を表示
  • 1