検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 3 件中 1件目~3件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Uptake of uranium by spinach grown in andosols accumulating trace amounts of fertilizer-derived uranium

山口 紀子*; 渡部 陽子; 川崎 晃*; 井上 千晶*

Environmental Radiochemical Analysis III, p.52 - 57, 2007/00

リン酸肥料には90$$sim$$740mg/kgのウランが不純物として含まれているため、長期間農地として使われてきた土壌にはウランが蓄積している。ウランは土壌環境下において広く存在する物質であるため、肥料由来のウランが公衆の線量に与える影響を評価するのは困難である。しかし、ホウレンソウのようなアカザ科の植物は、ほかの農作物と比べ、よりウランを吸収するということが知られている。農地に存在する微量ウランによるリスクを評価するため、発表者らは、リン酸肥料によりウラン濃度が上昇した可能性のある土壌で栽培されたホウレンソウによるウランの吸収について調査した。その結果、ホウレンソウ葉部には2.36$$mu$$g/kg乾、茎部には0.23$$mu$$g/kg乾のウランが吸収されて存在することがわかった。また、これらのウラン濃度は鉄及びアルミニウム濃度と相関関係があった。したがって、ホウレンソウによるウランの吸収は鉄やアルミニウムの吸収に伴って起こると考えられる。

論文

Simple method for C-14 analysis in organic material and its distribution in forest and cultivated field

安藤 麻里子; 天野 光

Environmental Radiochemical Analysis II, p.273 - 279, 2003/00

フォールアウト起源C-14の現在の環境中での分布を調べ、炭素循環挙動を調べるために、有機物中C-14の簡易測定方法を開発した。植物及び土壌サンプルを爆発燃焼し、放出したCO$$_{2}$$を液体窒素を用いたコールドトラップで捕集し、カーボソーブを用いたCO$$_{2}$$吸収法によって測定した。東海村で採取した松葉を用いてベンゼン合成法、AMS測定法とクロスチェックを行い、結果はよく一致した。この方法を用いて、森林及び水田で採取した、植物及び土壌中のC-14比放射能を測定し、フォールアウト起源のC-14の挙動及び、炭素循環について考察した。

論文

In situ radionuclide retardation in groundwater conducting systems; Overview of the research carried out at Nagra's Grimsel Test site, central Switzerland

Biggin, C.*; M$"o$ri, A.*; Alexander, W. R.*; 太田 久仁雄; Frieg, B.*; Kickmaier, W.*; Mckinley, I. G.*

Environmental Radiochemical Analysis II, p.207 - 228, 2003/00

原位置試験の経験の蓄積,現象理解の促進,および処分場概念の明確化とともに,グリムゼル原位置試験場における原位置試験計画はより複雑,かつ処分実施機関や規制当局から出された課題などに直接応えるものになってきている。グリムゼル原位置試験場では,これまでに弱収着性から化学的に反応性に富む強収着性の放射性核種を用いた原位置試験を実施し,結晶質岩中における放射性核種の移行・遅延に関する研究を行った。現在は,ベントナイトコロイド共存下および高pH環境下における放射性核種の移行・遅延を評価するための原位置試験研究を進めている。本論では,グリムゼル原位置試験場における上記の原位置試験研究の概要について論じる。

3 件中 1件目~3件目を表示
  • 1