検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 4 件中 1件目~4件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

A Study of a calibration technique for a newly developed thyroid monitor and its uncertainties due to body size for radioiodine measurements

吉富 寛; 西野 翔; 谷村 嘉彦; 高橋 聖

Radiation Measurements, 133, p.106279_1 - 106279_6, 2020/04

 被引用回数:2 パーセンタイル:8.37(Nuclear Science & Technology)

緊急時の高線量率下で、公衆及び作業者の甲状腺に蓄積した放射性ヨウ素を簡便かつ精度よく定量するための可搬型甲状腺モニタを開発している。本甲状腺モニタは2個のLaBr$$_{3}$$(Ce)検出器(公衆用)もしくは、2個のCZT検出器(作業者用)を遮蔽体内に内包し、被検者の甲状腺内の放射性ヨウ素を定量するものである。これまでに、数値計算と簡易物理ファントムを組み合わせ、甲状腺及び周囲組織の詳細な解剖学的形状を反映した標準ボクセルファントムをベースとした校正方法を開発してきた。しかしながら、校正に用いた標準ボクセルファントムと被検者の体格の個人差によって、計数効率が変化し、放射性ヨウ素の定量の精度に影響を及ぼすことが懸念されてきた。そこで、8種類の甲状腺形状等が異なるボクセルファントムと、甲状腺体積及び甲状腺前組織厚を変化させたボクセルファントムに対して本甲状腺モニタの計数効率を計算評価した。その結果、甲状腺前組織厚の変化は計数効率に与える影響が大きいが、その程度は高々25 %であることが明らかになった。

論文

放射線防護計測における最近の進歩と課題、3; 内部被曝モニタリング

藤田 稔*; 水下 誠一; 服部 隆充; 小泉 勝三*; 吉田 真; 山本 峯澄; 南 賢太郎

Radioisotopes, 39(4), p.178 - 187, 1990/04

体外計測法による内部被曝モニタリングには、全身カウンタによる全身負荷量の測定と、甲状腺モニタや肺モニタなどの装置による特定の器官吸着量の測定とがある。測定の対象が人間であるため遮蔽および検出器は必然的に大がかりとなり、また測定のために人を拘束できる時間は最大1時間である。測定の誤差は概ね20~50%である。内部被曝モニタリングには全身カウンタが最も多く用いられている。検出可能な体内量は$$^{137}$$Csに対して、精密型の全身カウンタでは30分の測定時間で30Bg以下であり、簡易型の全身カウンタでは2分の測定時間で200~1000Bgである。内部被曝線量の評価は、全身カウンタにより測定された体内量と科学技術庁告示別表第1に示されている年摂取限度との比較により簡便に評価することができる。より詳しい線量評価を行うためには追跡測定による体内残留の調査が行われる。

口頭

A New method to evaluate radioiodine activity in thyroid by the spectroscopy measurements using a simplified phantom incorporated with simulations

吉富 寛; 西野 翔; 高橋 聖; 谷村 嘉彦

no journal, , 

A new portable thyroid monitoring system equipped with $$gamma$$ spectrometers has been developed. To evaluate radioiodine activity in thyroid, it should be properly calibrated. The calibration of a thyroid monitor has been widely performed using a neck phantom with a thyroid shaped volume source. However, they cannot reflect the anatomical feature of the thyroid in detail. For the precise assessment, the difference of the counting efficiency between the calibration and the measurements of the wide variety of the subjects should be corrected. However, it is not practical to manufacture various volume sources reflecting anatomical feature precisely. To solve this problem, we have developed a novel method to evaluate radioiodine activity in thyroid precisely by the measurements using a simplified physical phantom in conjunction with numerical simulations. The primary photon fluence around the neck were firstly evaluated by Monte Carlo calculations using mathematical phantoms. Secondly, the combinations of an acrylic phantom with a $$^{133}$$Ba point source were selected by calculations so as to provide the equivalent photon fluence varying the phantom size and the source location. By applying the corresponding physical phantom for the calibration of the thyroid monitor, the same counting efficiency as measured in the realistic situation was obtained.

口頭

可搬型甲状腺放射性ヨウ素モニタの開発

西野 翔; 吉富 寛; 谷村 嘉彦; 高橋 聖

no journal, , 

原子力災害時には、住民及び緊急作業者の内部被ばく評価を行うために、甲状腺ヨウ素モニタリングを事故後すみやかに実施する必要がある。原子力機構では、高バックグラウンド線量率下においても使用可能な可搬型甲状腺ヨウ素モニタの開発を進めている。本発表では、開発した甲状腺モニタの概要、試作機を用いた性能試験の結果及びモニタの校正手法について報告する。

4 件中 1件目~4件目を表示
  • 1