検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 7 件中 1件目~7件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

報告書

GLOBALl2001参加報告

森本 恭一; 柴田 淳広; 重留 義明

JNC-TN8200 2001-006, 19 Pages, 2001/12

JNC-TN8200-2001-006.pdf:0.92MB

GLOBAL2001(International Conference:"Back-End of the Fuel Cycle; From Research to Solutions")は平成13年9月9日から9月14日までの6日間、フランスのパリで開催された。今回は各国から約420名の参加者があり、この内、約70名が日本からの参加であった。本会議では、炉・燃料サイクル分野、再処理分野、処分分野、核不拡散分野等に分かれて報告を行っていた。この中でも核燃料サイクルのバックエンド、長寿命核種のマネージメント、炉・燃料の先進的コンセプトに関する報告が中心的な位置を占めていた。先進リサイクル研究開発部からは実用化戦略調査研究、燃料、再処理等に関する発表、ポスター発表を行い、また各発表を聴講して情報収集を行った。なお、GLOBAL2001の情報に関しては次のホームページで参照できる。http://www.cea.fr/conferences/global2001/index.htm

報告書

海外出張報告 ICONE-8参加及び米国アルゴンヌ国立研究所における乾式技術調査報告

中村 博文; 鷲谷 忠博; 高田 岳

JNC-TN8420 2001-009, 48 Pages, 2000/04

JNC-TN8420-2001-009.pdf:0.58MB

ICONE(原子力工学国際会議)は、米国、日本、欧州の間で開催される原子力化学工学全般に渡る国際会議であり、今回は第8回目として、米国、ボルチモアで開催された。報告者らは、本学会の以下のセッションにおいて、再処理技術に関する最新の報告を行うと共に、パネル討論や乾式再処理技術等の技術報告の聴講を行った。・Track-5:"Non-reactor Safety and Reliability"のセッションにおける「Investigation of Safety Evaluation Method and Application to Tokai Reprocessing Plant (TRP)」(報告者:中村)・Track-9:"Spent Nuclear Fuel and Waste Processing" のセッションにおける「Structural Improvement on the continuous rotary dissolver」(報告者:鷲谷)・Track-2:"Aging and Modeling of Component Aging, Including Corrosion of Metals and Welds.. Passivation, passive films"のセッションにおける「Development of Evaporators Made of Ti-5% Ta Alloy and Zr ? Endurance Test By Mock-Up Unit」(報告者:高田)今回の学会では、米国、日本、フランス、カナダ他から総勢約650人が参加し、約700件の研究発表、7件の基調講演、8件の招待パネル討論が行われ、大変盛況であった。また、今回は2000年ということもあって、20世紀の原子力の評価と次世代の21世紀の原子力はどうあるべきかについて討議がなされた。また、アルゴンヌ国立研究所(ANL-E、ANL-W)を訪問し、乾式プロセスの研究者らと乾式プロセスに関する情報交換を行うとともに施設見学を行った。今回の訪問で、ANL法の乾式プロセスの情報を入手に加え、装置規模、開発環境、等を具体的に体感できたこと、また、直接、技術者と情報交換することで技術資料のみでは得られない現場サイドの技術情報を入手することができたことは非常に有意義であった。

報告書

日本保健物理学会第29回研究発表会報告-環境安全管理に係る発表-

飛田 和則; 住谷 秀一; 森田 重光

PNC-TN8450 94-006, 28 Pages, 1994/12

本報告書は、平成6年5月19日及び5月20日の両日にわたり、福井県敦賀市プラザ萬象で開催された日本保健物理学会第29回研究発表会において、動燃東海事業所から報告した発表のうち、安全管理部環境安全課から発表報告した「放射性物質の移行に関するダイナミックモデルの開発」及び「長半減期放射性核種の土壌環境中における挙動について」の2件をとりまとめたものである。今後とも、両件について検討を継続する予定であり、また関連する環境安全研究を進めていくなかで、参考にされたい。

論文

原子力分野における雑誌論文投稿とタイムラグ

石川 正

情報の科学と技術, 44(5), p.266 - 269, 1994/00

研究者が雑誌に投稿した論文が、雑誌に掲載されるまでの期間と雑誌に掲載されてからデータベースに収録されるまでの期間について、原子力分野の主要な3誌を対象に調査した。また、科学技術分野で流通しているプレプリントの発行についても調査した。調査の結果は、雑誌に掲載されるまでの期間が6ヶ月から16ヶ月であり、データベースに収録されるまでの期間が4ヶ月から9ヶ月である。プレプリントは、雑誌より数ヶ月早く発行されるため研究成果の迅速な公表の点で大きな利点がある。

報告書

昭和37年度研究発表一覧

技術情報部

JAERI 5007, 32 Pages, 1963/09

JAERI-5007.pdf:1.12MB

1.このリストは、日本原子力研究所員が、昭和37年度に発表した研究論文ならびに口頭発表の一覧である。 2. 掲載項目は発表者、論文題名および雑誌名(巻、ページ、発行年)もしくは発表学会名である。 3. 雑誌の略名は、Nuclear Science Abstracts にしたがった。 4. 同一人による同一題名の発表は、一項にまとめた。 5. 研究発表は紙上と口頭とにわけた。紙上発表はその発表雑誌ごとにまとめ、物理、応用物理、化学、化学工学、原子力工学、工学関係に大別しアルファベット順に並べてある。口頭発表は発表された年月順に並べてある。 6. 発表者は3名を限度として揚げ、それ以上の場合は省略した。

報告書

昭和36年度研究発表一覧

技術情報部

JAERI 5005, 31 Pages, 1962/10

JAERI-5005.pdf:1.32MB

1.このリストは、日本原子力研究所員が、昭和36年度に発表した研究論文ならびに口頭発表の一覧である。 2.搭載項目は発表者、論文題名および投稿誌名(巻、ページ、発行年)もしくは発表学会名である。 3.投稿誌の略名は、Nuciear Science Abstract にしたがっている。 4.同一人による同一題名の発表は、一項にまとめてある。 5.研究発表は紙上と口頭とに分けてある。紙上発表はその発表雑誌ごとにまとめ、物理・応用物理、化学。化学工学、原子力工学、工学関係に大別してある。

報告書

昭和35年度研究発表一覧

技術情報部

JAERI 5004, 32 Pages, 1961/08

JAERI-5004.pdf:1.12MB

1.このリストは、日本原子力研究所員が、昭和35年度(1960年4月~1961年3月)に発表した研究論文ならびに口頭発表の一覧である。 2.搭載項目は発表者、論文題名および投稿誌名(巻、ページ、発行年)もしくは発表学会名である。 3.投稿誌の略名は、ふつう一般に使用されているものを用いた。 4.同一人による同一題名の発表は、一項にまとめてある。 5.原子炉、原子炉物理・開発、原子力工学、物理、化学、放射線応用、保健物理、技術サービス、研修所、建設関係と大別してあるが、これは研究テーマによるものでなく、発表者の所属組織に従ったものである。

7 件中 1件目~7件目を表示
  • 1