検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 3 件中 1件目~3件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Single-crystal growth of transition metal oxides at high pressures of several GPa

東 正樹*; 斎藤 高志*; 石渡 晋太郎*; 吉田 裕史*; 高野 幹夫*; 高坂 祐樹*; 高木 英典*; 内海 渉

Journal of Physics; Condensed Matter, 14(44), p.11321 - 11324, 2002/11

 被引用回数:7 パーセンタイル:59.62(Physics, Condensed Matter)

数万気圧の高圧下におけるX線回折実験の結果をもとに、種々の遷移金属酸化物の単結晶育成を行った。(VO)$$_{2}$$P$$_{2}$$O$$_{7}$$, CaNaCu$$_{2}$$Cl$$_{2}$$, CaFeO$$_{3}$$の結果について報告する。

口頭

Spin fluctuations in oxygen doped layered perovskite cobalt oxide

中島 健次; 梶本 亮一; 山田 和芳*; 堀金 和正*

no journal, , 

遷移金属酸化物へのキャリアドープは、非常に様々な現象を引き起こし集中的な研究の対象となってきた。層状酸化物La$$_{2}$$MO$$_{4}$$(M: 3d金属)は、そのような研究モデル物質の1つであるが、Co系については、Co$$^{3+}$$のスピン状態が種々の状態を取り得るなどさらに複雑性を持つ。そのような中で、我々は酸素ドープしたLa$$_{2}$$CoO$$_{4.24}$$の単結晶について、四季分光器を用いて磁気揺動の測定を行った。

口頭

酸素ドープしたLa$$_{2}$$NiO$$_{4}$$における磁気励起の二重性

中島 健次; 梶本 亮一

no journal, , 

La$$_{2}$$NiO$$_{4}$$+$$delta$$($$delta$$=0.02, 0.11)について、中性子非弾性散乱により最大200meVまでのエネルギー領域に渡って磁気励起の詳細を調べた。低エネルギー側においては、過去の報告、$$delta$$=0の系の相互作用J=31meV(量子効果による再規格化を考慮しない場合)から、$$delta$$=0.02でJ=18.1meV、$$delta$$=0.11でJ=6.4meVと矛盾しない大きく相互作用が抑えられた励起が観測された。同時に、これまで十分なデータがなかった高エネルギー側についても、2次元反強磁性的分散をほぼゾーン境界まで観測することができ、それらは$$delta$$=0.02では$$delta$$=0の系同様の相互作用で記述できる一方、$$delta$$=0.11ではそれよりも若干の再規格化が見られる。本発表では、これら2種類の励起の詳細について、関連する銅酸化物、コバルト酸化物における過去の報告と比較しながら議論する。

3 件中 1件目~3件目を表示
  • 1