検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 3 件中 1件目~3件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

A Quantum mechanical theory of pumping "magnetic swings"

家田 淳一

JPSJ News and Comments (Internet), 16, P. 12_1, 2019/01

A new approach has resolved a mystery in the nonequilibrium theory of quantum particles called "magnons", propelling a research on magnon based spintronics.

論文

Neutron scattering study of spin fluctuations in La$$_{2-x}$$Sr$$_{x}$$CuO$$_{4}$$ by four-dimensional mapping of neutron cross-sections using the 4SEASONS chopper spectrometer

脇本 秀一; 池内 和彦*; 新井 正敏; 藤田 全基*; 梶本 亮一; 川村 奨*; 松浦 直人*; 中島 健次; 山田 和芳*

JPS Conference Proceedings (Internet), 8, p.034013_1 - 034013_6, 2015/09

Previous neutron results of La$$_{2-x}$$Sr$$_{x}$$CuO$$_{4}$$ (LSCO) by TOF measurements revealed that magnetic dynamical structure factor has a maximum at $$sim$$ 18 meV. To clarify the origin of the maximum, we carried out 4 dimensional mapping of dynamical structure factor $$S(Q, omega)$$ to see details of both magnons and phonons. We found that $$x$$ = 0 shows ordinary spin waves while $$x$$ = 0.08 shows a maximum at $$sim$$ 18 meV where $$Q$$-independent phonon branch crosses. This imply that in superconducting compositions phonon may also indirectly related to the superconductivity.

論文

Spin-wave dispersion relation in Mn$$_{2}$$$$_{-}$$$$_{x}$$Cr$$_{x}$$Sb

舩橋 達; 風間 典昭*

Journal of the Physical Society of Japan, 41(3), p.811 - 816, 1976/03

 被引用回数:9

クロムを添加したMn$$_{2}$$Sbは、低温で反強磁性体であるが、温度が高くなると、一次転移して強磁性体になる。この現象は交換反転と呼ばれ、磁気能率間の交換相互作用が原子間距離に敏感で、格子の熱膨張の過程においてその大きさが著しく変化し、符号も変わるものと考えられている。このことを実験的に直接解明するために、クロム濃度の異る2種の化合物の単結晶について、中性子非弾性散乱によって、スピン波分散関係の温度変化をしらべた。その結果、(1)結晶のC面に添った磁気的2次元性が顕著である。(2)隣接C面間の交換相互作用は温度変化がはげしい。(3)隣接C面間の交換相互作用は、面間距離の2次式であらわされる。(4)Jarrettの理論にしたがって弾性定数を計算すると、音速から見積られている値と大体一致する。(5)2次の交換磁歪が大きいが、そのことは格子定数の温度変化に反映されている、等のことが明らかになった。(5)に関連して、熱膨張係数を詳しく論じている。

3 件中 1件目~3件目を表示
  • 1