検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Speciation of environmental radionuclides in the Chernobyl 30km zone

チェルノブイル30km圏内における環境中放射性核種の存在形態

天野 光; 半澤 有希子 ; 渡辺 美紀*; 松永 武; 上野 隆 ; 長尾 誠也; 柳瀬 信之; 小沼 義一*

Amano, Hikaru; Hanzawa, Yukiko; Watanabe, Miki*; Matsunaga, Takeshi; Ueno, Takashi; Nagao, Seiya; Yanase, Nobuyuki; Onuma, Yoshikazu*

放射性核種の環境中挙動は、その存在形態に依存する。本報告は、Cs-137,Sr-90,超ウラン元素等の環境中における存在形態と移行挙動との関係に焦点をあてチェルノブイル事故炉の周辺30km圏内において原研が行ってきた研究のうち、土壌を中心とした地表面における挙動に関して、実環境における存在形態の実験的な解析手法の評価も加えてとりまとめたものである。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.