検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Radioactive wastes generated from JAERI partitioning-transmutation cycle system

原研群分離・核変換サイクルシステムから発生する放射性廃棄物

中山 真一; 森田 泰治; 西原 健司

Nakayama, Shinichi; Morita, Yasuji; Nishihara, Kenji

群分離・核変換技術(PT)によって、高レベル放射性廃棄物(HLW)の毒性低減が可能であるとされている。一方、プロセスロスや二次廃棄物、さらには解体廃棄物などが発生する。廃棄物の性状や量はシステムの性能の一部を表わす重要な指標である。原研が提唱する階層型システムを対象として、発生する廃棄物の性状や量の予測を開始した。年間0.25トンのマイナーアクチニドを消滅するPTシステムによって発生する廃棄物のうち、現行の軽水炉核燃料サイクルに比べ増加する放射性核種は、核変換の結果生ずる$$^{14}$$C (110g/yr)やPb-Bi冷却材の放射化生成物である$$^{210}$$Po (10$$^{18}$$ Bq/yr) などであり、現在のサイクルから発生する廃棄物と異なる性状の廃棄物は、乾式再処理工程から発生する塩廃棄物、ハル・貴金属FP合金などである。

Production of lower-level radioactive wastes, as well as the reduction in radioactivity of HLW, is an important performance indicator in assessing the viability of a partitioning-transmutation system. We have begun to identify the chemical compositions and to quantify the amounts of radioactive wastes that may be generated by JAERI's processes. Long-lived radionuclides such as $$^{14}$$C and $$^{59}$$Ni and spallation products of Pb-Bi coolants such as $$^{210}$$Po (10$$^{18}$$ Bq/yr) are added to the existing inventory of these nuclides that are generated in the current fuel cycle. Spent salts of KCl-LiCl, which is not generated from the current fuel cycle, will be introduced as a waste.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.