検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

${it In situ}$ observation of ilmenite-perovskite phase transition in MgSiO$$_{3}$$ using synchrotron radiation

放射光を用いたMgSiO$$_{3}$$におけるイルメナイト-ペロフスカイト相転移のその場観察

小野 重明*; 桂 智男*; 伊藤 英司*; 神崎 正美*; 米田 明*; Walter, M.*; 浦川 啓*; 内海 渉; 舟越 賢一*

Ono, Shigeaki*; Katsura, Tomoo*; Ito, Eiji*; Kanzaki, Masami*; Yoneda, Akira*; Walter, M.*; Urakawa, Satoru*; Utsumi, Wataru; Funakoshi, Kenichi*

MgSiO$$_{3}$$におけるイルメナイト-ペロフスカイト相転移をマルチアンビルを用いて、放射光その場観察した。イルメナイト相とペロフスカイト相の1300K-1600Kにおける相境界が、Jamiesonの金の状態方程式に基づいてP(GPa)=28.4-0.0029T(K), Andersonの金の状態方程式に基づいてP(GPa)=27.3-0.0035T(K)と決定された。Jamiesonに基づく結果は、過去の回収実験による結果と調和的であり、地球内660km地震波不連続が、この相転移と関連づけられることを支持しているが、Andersonスケールでの結果を採用した場合、整合性がとれなくなる。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:87

分野:Geosciences, Multidisciplinary

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.