検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

High burnup BWR fuel behavior under simulated reactivity initiated accident conditions

高燃焼度BWR燃料の反応度事故模擬条件での挙動

中村 武彦 ; 草ヶ谷 和幸*; 更田 豊志; 上塚 寛

Nakamura, Takehiko; Kusagaya, Kazuyuki*; Fuketa, Toyoshi; Uetsuka, Hiroshi

燃焼度56~61GWd/tUのBWR燃料のパルス照射実験をNSRRで実施し、冷態起動時からの反応度事故時の燃料挙動を調べた。この実験では福島第二原子力発電所2号機で照射された燃料を短尺に加工し、272~586J/g(651~40cal/g)の発熱を瞬時に与えた。BWR燃料被覆管の変形はPWR燃料に比べて小さかったものの、燃焼度61GWd/tUの燃料を用いた実験では、被覆管温度が上昇する以前の過渡実験の早い時点で燃料破損が生じた。破損時の燃料エンタルピは260~360J/g(62~86cal/g)であった。これらの実験で見られたBWR燃料の破損は、外周部に水素化物が多く析出し脆化した被覆管がペレット-被覆管機械的相互作用(PCMI)により破損したPWR燃料実験と類似している。FPガスの過渡放出は、燃料エンタルピに依存し、9.6~17%に達した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:86.97

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.