検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Development of SCINFUL-CG code to calculate response function of hybrid neutron detectors using scintillators

シンチレータを用いた種々の中性子検出器の応答関数計算用SCINFUL-CGコードの開発

Kim, E.; 遠藤 章  ; 山口 恭弘

Kim, E.; Endo, Akira; Yamaguchi, Yasuhiro

大強度・高エネルギー陽子加速器施設では、熱エネルギー~数100MeVの連続スペクトルを持つ中性子に対する線量評価が重要である。本研究では、シンチレータ型広帯域用中性子モニタを開発するために、シンチレータの応答関数計算コードであるSCINFULコードに、検出器形状機能を追加して、任意の形状を持つシンチレータの応答関数計算用SCINFUL-CGコードを開発した。今回はSCINFUL-CGの改良内容及びSCINFUL-CGを用いた検出器の設計計算により製作した新型中性子検出器について発表する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.