検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

A Simple evaluation method of the molten fuel amount in a premixing region of fuel-coolant interactions

水蒸気爆発粗混合領域中の溶融炉心量簡易評価法

森山 清史; 丸山 結*; 中村 秀夫  

Moriyama, Kiyofumi; Maruyama, Yu*; Nakamura, Hideo

水蒸気爆発の粗混合過程における粗混合溶融炉心量を簡易的に評価するモデルを提案した。これは溶融物ジェットの水中での分裂と発生した粒子の沈降及び冷却に基づくものである。本モデルをKROTOS実験のアルミナ及びコリウム溶融物のケースに適用すると、アルミナとコリウムの粗混合状態では溶融粒子の割合が大きく異なる結果となった。これは両物質における水蒸気爆発の発生し易さの相違の原因の一つを示唆したものと考えられる。本モデルをPWRの格納容器内水蒸気爆発の条件に適用すると、約20秒で圧力容器から100tの溶融炉心が流出した時点で、粗混合状態にある溶融炉心は5~10t程度であるという見通しが得られた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:40.67

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.