検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Development of high intensity deuteron ion source for fusion intense neutron source

核融合強力中性子源用大強度重陽子イオン源の開発

金正 倫計 ; 杉本 昌義; 関 正和; 小栗 英知 ; 奥村 義和

Kinsho, Michikazu; Sugimoto, Masayoshi; Seki, Masakazu; Oguri, Hidetomo; Okumura, Yoshikazu

国際核融合材料照射施設(IFMIF)用のイオン源の設計検討を行った。今回設計したイオン源の特徴は、(1)ビーム引き出し部の電子温度を下げるための磁気フィルタを設置、(2)カスプ磁場領域の最弱磁場強度部分にフィラメントを設置、(3)マイクロ波入力可能なフランジ形状等である。ビーム引き出し部に磁気フィルタを設置することにより、引き出し部の電子温度が下がり、重水重分子イオンの生成率が小さくなるので、重陽子ビーム強度を大きくすることができる。また、カスプ磁場領域の低磁場部分にフィラメントを設置することにより、フィラメントの局部的な加熱が減少し、フィラメントの長寿命化が期待できる。さらに、マイクロ波放電も可能な構造であるので、1つのイオン源で2種類の違ったプラズマ生成法で、ビームの引き出しが可能となる。今回、イオン源本体とビーム引き出し系の形状について設計検討を行ったので報告を行う。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:20.45

分野:Instruments & Instrumentation

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.