検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

原子炉を用いた悪性脳腫瘍の治療; 中性子捕捉療法

Treatment of malignant brain tumors using nuclear reactor

松村 明*; 山本 哲哉*; 柴田 靖*; 能勢 忠男*; 山本 和喜; 熊田 博明; 鳥居 義也

Matsumura, Akira*; Yamamoto, Tetsuya*; Shibata, Yasushi*; Nose, Tadao*; Yamamoto, Kazuyoshi; Kumada, Hiroaki; Torii, Yoshiya

悪性脳腫瘍特に悪性神経膠腫・神経膠芽腫の治療成績は他の内臓癌と比べて極めて悪く、ここ10数年来あまり改善されていない。悪性神経膠腫に対する放射線治療は通常、X線や$$gamma$$線を用いて一定の延命効果が得られているが、治癒にまで持ち込むことは困難である。このため、局所に高線量を与える手法として、腫瘍細胞に選択的に取り込まれるホウ素薬剤の注入と中性子照射を組み合わせた中性子捕捉療法(BNCT)の研究が各国で行われており、わが国でも臨床研究が進められている。原研では平成9年度に行われたJRR-4の改造の際、医療照射のための照射場として中性子ビーム設備を設置するとともに、BNCT照射技術の開発を進めてきた。本稿では、BNCTの原理や歴史、臨床治療の経験とともに、今後の展望について述べる。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:79.11

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.