検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Analyses of absorbed dose to tooth enamel against external photon exposure

光子外部被ばくに対するESR線量計測のための歯エナメル質線量に関する解析

高橋 史明; 山口 恭弘; 岩崎 みどり*; 宮澤 忠蔵*; 浜田 達二*; 船曳 淳*; 斎藤 公明

Takahashi, Fumiaki; Yamaguchi, Yasuhiro; Iwasaki, Midori*; Miyazawa, Chuzo*; Hamada, Tatsuji*; Funabiki, Jun*; Saito, Kimiaki

光子外部被ばくに対して歯エナメル質が受ける線量を、頭部物理ファントム内に置いた歯のサンプルを用いたESR線量計測法により調査した。この他に歯領域における線量をTLD検出器を用いて測定した。ボクセル型ファントムを物理ファントムのCT画像から作成した。このボクセル型ファントムを用いたモンテカルロ計算により、実験結果の解析を行った。これらの手法により得られたデータは、既に改良MIRD型ファントムを用いた計算により得られたエナメル質線量と比較,検討した。本研究により、MIRD型ファントムを用いた計算により得られたエナメル質線量から臓器線量への換算係数は、ESR線量計測によるレトロスペクティブな個人線量推定に適用可能であることが明らかとなった。その一方で、100keV以下の光子入射に対しては、頭部の大きさ及び構造がエナメル質線量に影響を与える可能性があることが示された。

Absorbed dose to tooth enamels against external photon exposure was examined by the Electron Spin Resonance (ESR) dosimetry using tooth samples placed in a realistic physical phantom. Dose to teeth region was also measured with thermo-luminescence dosimeters (TLDs). A voxel-type phantom was constructed from CT images of the physical phantom. Monte Carlo calculations with this voxel-type phantom were performed to analyse the results of the experiments. The obtained data in this study were compared to the enamel doses, which were calculated with a modified MIRD-type and already given in a previous paper. The results suggested that the conversion factors from enamel dose to organ doses obtained by the modified MIRD-type phantom are to be applicable for retrospective individual dose assessments by the ESR dosimetry. The analysis, however, indicated that the size and figure of the head can affect the enamel dose for low photon energy region below 100keV.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:64.93

分野:Environmental Sciences

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.