検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

JT-60 control system

JT-60制御システム

米川 出; 川俣 陽一; 戸塚 俊之; 赤坂 博美; 末岡 通治; 栗原 研一; 木村 豊秋; JT-60Uチーム

Yonekawa, Izuru; Kawamata, Yoichi; Totsuka, Toshiyuki; Akasaka, Hiromi; Sueoka, Michiharu; Kurihara, Kenichi; Kimura, Toyoaki; JT-60U Team

この論文では、JT-60大電流化改造後(1991年)のJT-60制御システムの進展、及び数々の制御系の改良について、JT-60設計当初の考え方を含めて述べる。JT-60制御系は、構造的には階層構造を有し、機能面では分散制御の特徴を備えている。制御系を構成するハードウエア機器としては、当初はCAMACインターフエース、現在ではVME-busシステムを採用している。プラントの運転,監視を行うシステムはCAMACハイウエイとイサーネットを通信手段として用いている。プラズマ放電シーケンス制御は、VME-busシステムとタイミングシステムから構成されるシステムによって実行される。実時間プラズマ制御系とマンマシンインターフェースシステムは、これまで、JT-60の実験の進展に合わせて、継続的に改良されてきている。

The present status of JT-60 control system is reported including its original design concept, the progress of the system and various modifications since JT-60 upgrade. This control system has features of a functionally distributed and hierarchical structure, using CAMAC interfaces at the beginning, which are replaced to versatile module Europe (VME)-bus interfaces later, and a protective interlock system composed of both software and hard-wired interlock logics. Plant monitoring and control are performed by efficient data communication through CAMAC highways and Ethernet with TCP/IP protocols. Sequential control of a plasma discharges are executed by a combination of a remodeled VME-bus system and a timing system. At real-time plasma control system and a human interface system have been continuously modified corresponding to the progress of JT-60 experiments.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:35.97

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.