検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

On the electronic structure of Cm(H$$_{2}$$O)$$_{n}^{3+}$$(n=1, 2, 4, 6) by all-electron Dirak-Hartree-Fock calculations

全電子DHF計算によるCm(H$$_{2}$$O)$$_{n}^{3+}$$(n=1, 2, 4, 6)錯体の電子構造の研究

望月 祐志*; 舘脇 洋*

Mochizuki, Yuji*; Tatewaki, Hiroshi*

全電子のDirac-Hartree-Fock法を並列処理を駆使することによって、3価キュリウムイオンの6水和錯体モデルにまで適用した。さらに、蛍光スペクトルの評価のために閉殻完全CI計算も行った。同様の計算を等電子系のガドリニウムイオンについても用い、結果をキュリウムの場合と比較した。一連の計算により、水和の本質が配位結合による安定化であること、水側からイオンへ相当量の電子供与があること、結果として蛍光スペクトルが赤方レフトすること等が明らかになった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:50.12

分野:Chemistry, Physical

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.