検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

クリアランスレベル以下の模擬解体金属再利用製品に起因する空間線量率評価手法の検討(受託研究)

Study on measurement of spatial dose rates from simulated products made from recycled metal below clearance levels arising from dismantling of nuclear facilities (Contract research)

岡本 亜紀子 ; 北見 康雄*; 安藤 佳明*; 中村 寿; 斎藤 公明 ; 中島 幹雄

Okamoto, Akiko; Kitami, Yasuo*; Ando, Yoshiaki*; Nakamura, Hisashi; Saito, Kimiaki; Nakashima, Mikio

クリアランスレベル以下の解体金属廃棄物を用いた再利用製品の安全性確認に資するため、微量の放射性核種を含む模擬再利用製品(試験体)を製作し、これに起因する空間線量率を測定とシミュレーション計算により求めた。測定においては$$gamma$$線スペクトルからストリッピング操作等により空間線量率を導出した。シミュレーション計算においては、モンテカルロ法による計算コードと、点減衰核積分法による計算コードを用いて空間線量率の算出を行った。バックグラウンドに極めて近い微弱な放射線であること,検出器と試験体の幾何学的条件が点線源等に比べて複雑であることなどに起因する測定及び計算における誤差要因を抽出し、これらに対して適当な補正を行うことにより、測定及び計算における結果はよく一致した。本報告は、試験体の製作から空間線量率の測定法とシミュレーション計算、及び両手法により得られた結果の比較評価についてまとめたものである。

In order to contribute to safety assessment of recycling products made from dismantling metal wastes, metal ingots containing $$^{60}$$Co were produced and spatial dose rates from the ingots were evaluated by gamma-ray measurement and calculation. Stripping operations were made using detector response functions calculated by Monte Carlo program to derive spatial dose rates from measured gamma-ray spectra. In the computer simulation, Monte Carlo and point kernel calculation codes were used. Agreement between measured and calculated values was satisfactory in spite of an extremely low concentration of $$^{60}$$Co in the ingots and a complicated geometric condition between detector and samples.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.