検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Study on the sputter-cleaning processes of Ni by means of Kelvin probe

ケルビンプローブによるNiのスパッタ洗浄過程に関する研究

Luo, G.-N.*; 山口 憲司; 寺井 隆幸*; 山脇 道夫*

Luo, G.-N.*; Yamaguchi, Kenji; Terai, Takayuki*; Yamawaki, Michio*

ケルビンプローブを用いて低エネルギーイオン照射による材料の表面特性変化を調べるための新しい装置を開発した。空間電荷によるプローブへの深刻な影響が明らかとなったため、模擬試験により、原因究明を行い、対策を施した。その結果、空間電荷による影響を著しく抑制することができた。初期のNiへのHe$$^{+}$$イオン照射実験によれば、低フルエンス時に仕事関数は減少するものの、その後フルエンスの増加とともに増加に転じ、最終的に一定となることがわかった。この挙動は2層表面モデルにより説明することができた。すなわち、まず最表面に弱く結合している吸着層が照射によって取り除かれるため仕事関数は減少するが、その後nativeな酸化物が徐々にスパッタされることで仕事関数はNiの値に近づくべく増加する。スパッタと再吸着が均衡することで最終的に定常状態に到達する。このことは、非照射下での吸着/脱離実験によっても確認できた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:21.03

分野:Chemistry, Physical

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.