検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Current status of the AGS spallation target experiment

AGS核破砕ターゲット実験の現状

中島 宏; 高田 弘; 春日井 好己; 明午 伸一郎; 前川 藤夫; 甲斐 哲也 ; 今野 力; 池田 裕二郎; 大山 幸夫; 渡辺 昇; 新井 正敏; 猪野 隆*; 川合 將義*; 沼尻 正晴*; 佐藤 節夫*; 高橋 一智*; 鬼柳 善明*; Conrad, H.*; Filges, D.*; Neef, R.*; Stechemesser, H.*; Spitzer, H.*; Bauer, G. S.*; Jerde, E.*; Glasgow, D.*; Haines, J.*; Gabriel, T.*; Montanez, P.*; Carroll, A.*; Ludewig, H.*; Hastings, J.*

Nakashima, Hiroshi; Takada, Hiroshi; Kasugai, Yoshimi; Meigo, Shinichiro; Maekawa, Fujio; Kai, Tetsuya; Konno, Chikara; Ikeda, Yujiro; Oyama, Yukio; Watanabe, Noboru; Arai, Masatoshi; Ino, Takashi*; Kawai, Masayoshi*; Numajiri, Masaharu*; Sato, Setsuo*; Takahashi, Kazutoshi*; Kiyanagi, Yoshiaki*; Conrad, H.*; Filges, D.*; Neef, R.*; Stechemesser, H.*; Spitzer, H.*; Bauer, G. S.*; Jerde, E.*; Glasgow, D.*; Haines, J.*; Gabriel, T.*; Montanez, P.*; Carroll, A.*; Ludewig, H.*; Hastings, J.*

米国ブルックヘブン国立研究所AGS(Alternating Gradient Synchrotron)加速器を用いて行われている一連の核破砕ターゲット実験及びその解析の概要について報告する。本実験では、中性子発生特性,遮蔽設計パラメータに関する情報を得ることを目的として、AGS加速器から得られる数GeV,数百kJの陽子ビームを水銀核破砕ターゲットに入射し、そこで発生する二次粒子を用いて、中性子工学及び遮蔽に関する実験を過去4年間にわたって行ってきた。昨年、遮蔽実験を行うとともに、これまでの実験結果の解析を通して大強度陽子加速器施設の設計コードの精度検証が精力的に行われている。本報告では、昨年行った遮蔽実験の最新結果及びこれまで行ってきた実験解析の結果について紹介する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.