検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

AMG(Algebraic Multi Grid)による超伝導Ginzburg-Landau方程式の解法

Application of AMG to Ginzburg-Landau equation for superconductors

佐々 成正; 町田 昌彦; 山田 進; 荒川 忠一

Sasa, Narimasa; Machida, Masahiko; Yamada, Susumu; Arakawa, Chuichi

代数的マルチグリッド(AMG)を低温,磁場中での超伝導状態を記述するギンツブルグ-ランダウ方程式に適用し、これを数値的に解いた。AMGを用いる利点は主に次の2点である。まず、AMGを用いると大規模な連立1次方程式系を効率良く解けること。さらに幾何的マルチグリッドとは異なり、境界条件が複雑な場合にでも適用可能であることが挙げられる。現実のシステムでは複雑な形状下でのシミュレーションを行なわなければならないから、AMGの使用が不可欠である。通常ギンツブルグ-ランダウ方程式は緩和法で解かれることが多いが、AMGを使った方法の方が計算効率が良いことがわかった。

Algebraic Multi Grid(AMG) is applied to solve the Ginzburg-Landau equations for Superconductors. The method effectively solves large scale linear algebraic equations. AMG is also applicable for systems with complex boundary condition in contrast with usual Geometrical Multi Grid.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.