検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Evaluation of peak-to-total ratio for germanium detectors

ゲルマニウム検出器に対するピーク・トータル比の評価

渡辺 鐶*; 大井 義弘; 滝 光成; 川崎 克也 ; 吉田 真

not registered; Oi, Yoshihiro; Taki, Mitsumasa; Kawasaki, Katsuya; Yoshida, Makoto

ゲルマニウム検出器を用いた$$gamma$$線スペクトロメトリーにおいて重要な因子であるピーク・トータル比について検討を行い、ピーク・トータル比を与える式を提案した。この式は$$gamma$$線の相互作用で単一過程を表す項と多重過程を表す項からなり、式中のパラメータは光子エネルギーの関数として実験的に決定された。この式を用いることにより、ゲルマニウム検出器に対するピーク・トータル比を、0.3~3MeVの光子エネルギーにおいて数%以内の精度で与えることができた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:46.57

分野:Chemistry, Inorganic & Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.