検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Improvement of tritium accountancy technology for the ITER fuel cycle safety enchancement

ITERの燃料サイクル安全性向上のためのトリチウム計量管理技術の開発

大平 茂; 林 巧; 中村 博文; 小林 和容; 田所 孝広*; 中村 秀樹*; 伊藤 剛士*; 山西 敏彦; 河村 繕範; 岩井 保則; 有田 忠昭*; 丸山 智義*; 角田 俊也*; 小西 哲之; 榎枝 幹男; 山田 正行; 鈴木 卓美; 西 正孝; 永島 孝; 太田 充

Ohira, Shigeru; Hayashi, Takumi; Nakamura, Hirofumi; Kobayashi, Kazuhiro; Tadokoro, Takahiro*; Nakamura, H.*; Ito, Takeshi*; Yamanishi, Toshihiko; Kawamura, Yoshinori; Iwai, Yasunori; Arita, Tadaaki*; Maruyama, T.*; Kakuta, Toshiya*; Konishi, Satoshi; Enoeda, Mikio; Yamada, Masayuki; Suzuki, Takumi; Nishi, Masataka; Nagashima, Takashi; Ota, Mitsuru

ITER(国際熱核融合実験炉)の燃料サイクルにおけるトリチウムの安全取り扱い、制御をより良いものにするため「その場」での効率的なトリチウム計量技術が原研トリチウム工学研究室で開発された。レーザーラマン分光法を用いた燃料プロセスガスの遠隔・多点分析法が開発、試験され、120秒の測定時間に0.3kPaの検出限界で水素同位体を測定できることが実証された。25gのトリチウム貯蔵容量を持った「通気式」熱量ベッドが開発され、100gのトリチウム貯蔵容量を持ったベッドの設計においてもITERで要求される検出限界1%(1g)を満足することを実証した。これらの計量技術の開発はITER工学設計活動の下で行われ、それぞれITERの最終設計において取り入れられている。本論文においては、それぞれのシステムの概要及び実証試験の結果について述べた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:46.28

分野:Physics, Fluids & Plasmas

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.