検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

High performance experiments in JT-60U reversed shear discharges

JT-60U負磁気シア放電における高性能実験

藤田 隆明; 鎌田 裕; 石田 真一; 閨谷 譲; 及川 聡洋; 井手 俊介; 竹治 智; 小出 芳彦; 諫山 明彦; 福田 武司; 波多江 仰紀; 石井 康友; 小関 隆久; 白井 浩; JT-60チーム

Fujita, Takaaki; Kamada, Yutaka; Ishida, Shinichi; Neyatani, Yuzuru; Oikawa, Toshihiro; Ide, Shunsuke; Takeji, Satoru; Koide, Yoshihiko; Isayama, Akihiko; Fukuda, Takeshi; Hatae, Takaki; Ishii, Yasutomo; Ozeki, Takahisa; Shirai, Hiroshi; JT-60 Team

JT-60U負磁気シア放電の運転領域を、高プラズマ電流、低安全係数領域へと拡張し、JT-60Uにおける等価エネルギー増倍率の記録1.25を2.6MAにて達成した。ビームパワーによる中性子発生率の帰還制御など、大きな半径の内部輸送障壁を保ちつつ低安全係数へと再現性良く到達するための運転手法を開発した。排気付きW型ダイバータ配位において不純物の低減を得た。Lモード境界の負磁気シア放電の性能の持続時間は、qの極小値が2近傍となったときに発生するベータコラプスにより制限された。トロイダル回転制御により一時的に内部輸送障壁を劣化させて熱パルスを誘起し、Hモードを得た。Hモード化により圧力分布を平坦化してqの極小値~2における安定性を改善し、内部輸送障壁を5.5秒間維持した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:91.42

分野:Physics, Fluids & Plasmas

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.