検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Analysis of carbon translocation in plants using positron-emitting tracer

ポジトロン放出核種を用いた植物体内の炭素物質移行計測

久米 民和; 松橋 信平; 伊藤 均; G.W.Roeb*; 石岡 典子; 長 明彦; 松岡 弘充; 関根 俊明; 内田 博*; 辻 淳憲*; 中西 啓仁*; N.Bughio*; 森 敏*

Kume, Tamikazu; Matsuhashi, Shimpei; Ito, Hitoshi; G.W.Roeb*; Ishioka, Noriko; Osa, Akihiko; Matsuoka, Hiromitsu; Sekine, Toshiaki; Uchida, Hiroshi*; Tsuji, Atsunori*; Nakanishi, Hiromi*; N.Bughio*; Mori, Satoshi*

植物の環境応答を非破壊で計測するための基礎として、ポジトロンイメージング装置を用いて植物の主要構成成分である炭素化物の転流について検討した。$$^{11}$$CO$$_{2}$$(半減期20分)を用いた計測では、葉に短時間で$$^{11}$$CO$$_{2}$$は吸収され、光合成産物の根への移行が観察された。そのコムギの根への$$^{11}$$CO化合物の移行は、特に新根で大きく、幼根の先端に多く蓄積することが認められた。また、光条件の影響を調べた結果では、新葉への$$^{11}$$C化合物の移行は暗条件下で多いのに対し、穂への移行は逆に明条件の方が多かった。$$^{11}$$C-メチオニンを用いた実験では、Fe欠乏のオオムギの葉から根への移行が大きいと予測されたが、根には移行せずに新葉に転流していることが認められた。以上のように、ポジトロン放出核種を用いた計測は、植物のストレス応答を調べるのに有効な手段であると考えられた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.