検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Structural study of HEW-lysozyme by neutron crystallography

中性子結晶学によるニワトリ卵白リゾチームの構造研究

峯崎 善章; 野中 孝昌*; 新村 信雄

Minezaki, Yoshiaki; not registered; Niimura, Nobuo

われわれは中性子イメージングプレート付中性子ラウエ回折計(LADI)を用いて収集したニワトリ卵白リゾチームのデータ解析を進め水素960原子と水和水157分子を同定することができた。その後解析が進み、今回以下のような最近の成果を発表する。(1)タンパク質中の``N-D…O''タイプの水素結合を解析したところ3.05$AA$と3.25$AA$にピークが見られた。詳しく解析すると、後者は$$alpha$$-helixと$$beta$$-strand由来、前者はloop-region由来であることがわかった。(2)中性子では水素の位置を実験的に決定できる。このため、bifurcated水素結合やtrifurcated水素結合を推測なしで議論できる。今回統計的データを示した。このほかB-factorの解析も行った。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:17.46

分野:Chemistry, Multidisciplinary

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.