検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Study on gaseous effluent treatment during dissolusion tests of spent fuel

使用済燃料溶解試験時の気体廃棄物処理に関する研究

峯尾 英章 ; 木原 武弘; 高橋 昭*; 八木 知則; 中野 雄次*; 木村 茂; 内山 軍蔵 ; 宝徳 忍 ; 渡辺 眞樹男; 亀井 一成; 萩谷 弘通; 飯嶋 孝彦*; 藤根 幸雄

Mineo, Hideaki; Kihara, Takehiro; not registered; not registered; not registered; Kimura, Shigeru; Uchiyama, Gunzo; Hotoku, Shinobu; not registered; not registered; not registered; not registered; Fujine, Sachio

銀シリカゲル(AgS)吸着材によるヨウ素129の吸着容量を燃焼度8000MWd/tの使用済燃料1.5kgの溶解試験において測定した。また炭素-14のKOH水溶液による除去を同じ試験において行った。この試験は、燃焼度45,000MWd/tまでの使用済燃料を用いる一連の試験の第一段階である。ヨウ素-129は溶解時及び2段階からなるヨウ素追い出し操作時に発生した。AgSカラムで捕集されたヨウ素-129は約210kBqで、ORIGEN計算により推定される本使用済燃料1.5kgからのヨウ素-129発生量の約62%に相当した。これまでの試験結果から、ヨウ素-129は、溶解槽とAgSカラムとの間の配管表面に付着したと示唆された。一方、炭素-14の溶解時における全捕集量は約2MBqで、数ppmの窒素-14が新燃料に含まれていたことが示唆された。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.