検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

群分離法の開発; 定量液送ポンプの性能試験と遠隔操作性の改善

Development of partitioning method; Performance tests of a constant flow pump and an improvement for the remote manipulation

山口 五十夫; 森田 泰治 ; 藤原 武; 溝口 研一*; 久保田 益充

Yamaguchi, Isoo; Morita, Yasuji; not registered; Mizoguchi, Kenichi*; Kubota, Masumitsu

群分離法の開発研究を行うため、燃料サイクル安全工学研究施設に群分離試験装置を設置した。装置に供給する試薬や高レベル廃液の移送は減圧吸引、重力落下及びポンプを用いた方法で行うが、溶媒抽出工程及び無機イオン交換体カラム吸着工程は供給液の定流量性が要求されるために定量液送ポンプを用いている。本群分離試験装置は重遮へい体内に設置されているため、配管等の長大化や遠隔操作性の観点からポンプ等の設置位置に最適な場所を選定できない制限がある。これまでの模擬高レベル廃液を用いた群分離試験で、定量液送ポンプの運転時に若干の不具合が発生したので、その原因究明と対策を検討し改善を図った。本報にはその経緯と改良点等を記した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.