検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Comments on relativistic basis sets

相対論的計算用の基底関数に関するコメント

舘脇 洋*; 望月 祐志*

Tatewaki, Hiroshi*; Mochizuki, Yuji*

Dirac-Hartree-Fockを始め、4成分の相対論的分子軌道計算を行うにあたって、変分崩壊を起こしにくく、またいわゆる「基底関数重ね合わせ誤差」の少ない基底関数の選択は重要である。しかし、4成分計算は計算コストが高いために、非対称論系の基底に比して選択すべき候補も少なく、また検証も未だ進んでいない。本論文ではこうした状況をふまえ、キュリウムとその弗化物を例に取り、基底関数選択にあたっての注意点を考察し、簡潔にまとめた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:47.72

分野:Chemistry, Physical

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.